« 田中久重の万年時計 | トップページ | オフ・コース「僕の贈り物」 »

2005年4月24日 (日)

町田康『告白』

町田康『告白』を読了した。
次はどうなるのか、という期待感が読書中に常にあって、
ストーリー展開はとても巧みだと思った。
また、登場人物の設定の仕方もとてもよい。
随所にユーモアをちりばめているところも
くすっと笑わせられる。

しかし、読み終わってからどんよりとした気持ちだけが
残ってしまった。

冒頭に登場した森の子鬼と葛木ドールの正体は何であったのか。
御陵での出来事は何だったのか。
必ず明かされるであろうと思っていたこれらのことの真相は、
語り手の口からは明らかにされないままに物語は終わってしまった。
しかも、熊太郎が弥五郎を射殺するという最悪の形で。

読んでいる途中はとても面白かったのだが、
読み終わってみると「救われない話」という印象が
強く残ってしまうのだった。

|

« 田中久重の万年時計 | トップページ | オフ・コース「僕の贈り物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/3833919

この記事へのトラックバック一覧です: 町田康『告白』:

« 田中久重の万年時計 | トップページ | オフ・コース「僕の贈り物」 »