« 比較ということ | トップページ | リードの換えどき »

2005年4月12日 (火)

『告白』

『告白』を読みだすとやめられなくなって、570ページまで読んだ。
この小説は人を暗澹たる気持ちにさせる。
人の心の醜さ。
熊太郎はなんという純朴か。心が痛い。
心が痛いのについつい読み進めてしまう。

|

« 比較ということ | トップページ | リードの換えどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/3671717

この記事へのトラックバック一覧です: 『告白』:

« 比較ということ | トップページ | リードの換えどき »