« MERUMOライブ | トップページ | BBQパーティー »

2005年5月14日 (土)

音楽業界雑感

私が通っているのは音楽の専門学校なので、
プロを目指すための教育が行われている。
で、よく言われるのが、
「一度仕事を断ったら次から二度と来なくなる」
「一度遅刻したら二度と仕事が来なくなる」
などなどのことである。
まあ、遅刻をしないというのは社会人として当然のことだから
下の方のは仕方ないとしても、やはり一抹の寂しさを感じるのは
甘いのだろうか。

つまり、要は、音楽業界、プレイヤーは沢山いるから
お前の代わりはなんぼでもいる、ということなのである。

実は、私は演奏一つとっても十人いれば十通りあるから、
機械の部品のような交換可能性というのは当てはまらない。
一人一人がかけがえのない存在なのである、という幻想を抱いていた。

だが、業界の実態というのはたとえば病気で代理を頼んだら、
その代理の方がレギュラーになってしまうような世界であるらしいのだ。

悲しい。
私個人的に言えば、たとえば一緒にやるドラマーは彼がいいとか、
こういうジャンルならベースは絶対彼だとか、そういうこだわりがあるのだが。

けれども、何かをやるに当たって、
テクニックのうまい下手とかではなくて、
あいつでなければいけないというようなのは
あるのではないか。

たとえば
リッチーブラックモアが抜けたらそれはもはやディープパープルではないとか
ボンゾが亡くなったらレッドツェッペリンが解散してしまったとかいうように。

まあ、そういうミュージシャンになるのはこれまた大変なことなのだろうけど、
やはり、音楽表現をしていく上で
「ハイよく出来ました。お上手。」というような世界ではなくて
あいつはそんなにテクニックはないけど、あいつにはなんかある。
というようなミュージシャンになりたい。
たとえばそれは存在感であったり、その人独特の語り口であったり、
ようするに代替不可能な何ものかなのである。
そういう何ものかを持ったミュージシャンになりたいと思う。

|

« MERUMOライブ | トップページ | BBQパーティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/4117057

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽業界雑感:

« MERUMOライブ | トップページ | BBQパーティー »