« メガネ新調 | トップページ | レッスン »

2005年5月18日 (水)

セッション@ハナゾノ

ハナゾノでセッションだった。
私は午後9時前ぐらいに入ったが、
先に学友二人がいてびっくり。
しかし、一人だと心細かったので、
知った顔がいるのはとても安心した。

1年生のときに一度行ったきりで、
今回久々に行ってみたのだが、
雰囲気はとてもよく、皆さんとても
フレンドリー。しかもみんなレベルがとても高い。

サックスはソプラノ2本、アルト2本、テナーが
私を含めて2本。とてもにぎやかで、楽しかった。

特に印象に残ったのは、齢70になんなんとする
おじいちゃんのテナープレイヤー。人柄もとてもフレンドリーで
おしゃれな好々爺。いざ楽器をとってみると、音がとてもいい。
マーク6を使っているせいかと思ったが、セッションの後に
楽器を交換して吹いてみたら、私の82Zでとてもいい音を出してはる。
やはりサックスは楽器ではなく吹き手の問題なんだと痛感。
わたしも70になったらあんな好々爺でいられたらいいなと思う。

みんなそれぞれ個性があってしかもレベルが高いのだが、
「オレがオレが」状態ではなく、和気藹々とした雰囲気で、
とても楽しかった。

この4月に入ってから、アンサンブルといい、このセッションといい、
ジャズは本来こんなふうにとても楽しいものなんだということを
いろいろな機会を通して教えられているような気がする。
とてもいいセッションだった。

|

« メガネ新調 | トップページ | レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/4174467

この記事へのトラックバック一覧です: セッション@ハナゾノ:

« メガネ新調 | トップページ | レッスン »