« バークリーセミナー1日目 | トップページ | バークリーセミナー2日目 »

2005年8月21日 (日)

小田和正 in 大阪万博公園

8月20日は小田和正さんの万博公園でのコンサートに3人で出かけた。
ピクニックエリアだったので、朝10時頃に万博公園に着き、
場所取り。とても暑かったので、13時の開場、16時の開演までが
とても長く感じられた。

野外でのコンサートは、屋内と違って開放的な気分でもあり、
何だかピクニック気分でもある。もちろん音楽を聴きに行くのだけれども、
それだけではなく、この1日を楽しむ、ということもあるのだ。

小田さんも、開口一番、「このクソ暑い中を、こんな辺鄙な所まで来てくれて
ありがとう。そんなマイナスをプラスに変えられるよう、楽しんでください。
ぼくらも、いい思い出が作れるように楽しんでいこうと思っています」というような
ことを言われた。

それは実に、オーディエンスの心理をよくわかっているのであって、
「暑さに負けないように頑張ります」とか何とか言われるよりも、
「一緒に楽しもうよ」と言われる方がとてもリラックスできるのである。

最初の曲が「真夏の恋」で、その次が、「伝えたいことがあるんだ」。
夏の、野外のオープニングを飾る曲としては
ベストの選曲だと思い、のっけからじんじんしてしまった。
その他、オフコース時代の懐かしい曲も盛りだくさんで、
6月の城ホールコンサートとはおもむきも変えてある。

「みんなも一緒に歌ってください」ということで、唱歌の
「夏の思い出」や、ほんとなら鈴木雅之がゲストで来て歌うはずだった
「夢で会えたら」などの選曲もとてもいい。
他にも、オーロラビジョンに歌詞が映し出され、みんなで一緒に歌う
という工夫がされていた。

小田さんはほんとうに心底「うた」を愛しているんだな、と思った。
だからこそ、「風のようにうたが流れていた」のような歌がつくれるんだな、と。
そう、「うた」を愛しているからこそ、その魂が聴き手に伝わってくるのだ。
そして、自分も一緒に歌ってみて、「歌う」という行為がいかに人の心を解放する
ものであるのかということを実感した。

今回のコンサートでも、小田さんは花道を走り回った。
汗をびっしょりかいて、息も切らしながら、それでも少しでもファンの近くに行こうと
走り回る小田さんを見て、ほんとうにファンを大切にしているんだと感じた。
老若男女を問わず根強い人気を誇る秘密はこのへんにあるのだと思う。

演出も工夫されていて、オーロラビジョンには背景や光の当たり具合まで
計算され尽くされた映像が映し出され、見る者を楽しませてくれた。
いかに優秀なスタッフに囲まれているかということもわかったし、
お金を取って興行を行う「プロ」としていかに「魅せる」かという、
音楽以外の演出の要素もとても大切にしていると感じた。

小田さんは何度も「どうもありがとう!」と叫んだが、
お礼を言いたいのは本当は私の方なんだ、小田さん、
こんなすてきな一日をありがとう!と叫びたいくらいだった。

今はジャズサックスを勉強している私だが、
私にとってのアイドルは
パーカーでもロリンズでもコルトレーンでもなく、
やっぱり小田和正という、日本の生んだ偉大な音楽家なのだ、
と実感した一日であった。

|

« バークリーセミナー1日目 | トップページ | バークリーセミナー2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/5575653

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正 in 大阪万博公園:

« バークリーセミナー1日目 | トップページ | バークリーセミナー2日目 »