« 郵政解散をどう考えるか | トップページ | 練習再開 »

2005年8月12日 (金)

続・郵政解散

自民党小泉執行部は、郵政法案に反対した候補者の選挙区に
賛成派の候補者を立てることに躍起になっているらしい。
その「刺客」というのが、あのホリエモンはじめ、プロレスの神足忍、
さらに引退表明したばかりのハマの大魔神まで……らしい。
たんに有名なだけで、政治的な実績のない人ばかりじゃないか。
いったい何やってるんだか。
戦後60年の夏、そんなことやってる場合じゃないだろう。
他にやることがあるんじゃないのか。
こんな選挙こそ、まさに税金の無駄遣いだ。
と私は思うのだが。

|

« 郵政解散をどう考えるか | トップページ | 練習再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/5440732

この記事へのトラックバック一覧です: 続・郵政解散:

» 霧雨はいくだも降らぬに [いろは別館]
 小泉氏は女財務官僚やら相撲解説者やらなりふりかまはず造反者への「刺客」として擁立のかまへとか、そこに「政局」を乗り切らんとするしたたかな政略はあつても「政策」はない。道路公団その他の改革結局は棚上げに委ねながら何を今さら「郵政」に固執する要があるか。つまりはそこに「人気」の枯れどころが来たためとしかいひやうがない。彼個人の「都合」にて政局を翻弄されてはたまらず。彼いきりたち序でに今年こそ8/15の靖国参拝を敢行し選挙の争点をさらに「国際問題」にまで拡大して残暑をいや暑くする可能性あり。その熱で熱中... [続きを読む]

受信: 2005年8月12日 (金) 23:38

» 目的を逸脱した郵政民営化 [1喝たぬき]
 小泉首相によると今度の衆議院選挙は郵政民営化を問う選挙だそうである。  郵貯・ [続きを読む]

受信: 2005年8月13日 (土) 15:05

« 郵政解散をどう考えるか | トップページ | 練習再開 »