« 後期授業開始 | トップページ | 秋晴れ »

2005年10月18日 (火)

練習日記

今日は3コマ練習できた。
フルートにも時間をかけた。
そういう中で気づいたのが、フルートがだんだん鳴るようになってきた
ということ。今までほったらかしにしていたのだが、やはり楽器は
かわいがってやらないといけないということなのだろうか。
低音の鳴りも、今までよくなかったのだが、今日はわりとよく鳴った。
かわいがればかわいがるほどなじんでくるのが管楽器なのだろう。
ただ、音色、吹奏感ともに、銀に比べるとやっぱり硬いなあという感じはある。

テナーの方は、これもまたほったらかしにしていたジェイミーのll-V-l教則本を
引っぱり出して、CDと一緒に練習。これを12キーでやるだけでも
かなりボキャブラリーが増えるだろうと思った。

曲は、アナザーユーをpcのカラオケソフトで。
BPMを落として練習した。
スタンダードはだいたいツーファイブとドミナントでできているから、
分散和音とコードスケールだけだと全部同じになってしまう。
下手するとスケール練習やってるように聞こえるし、全部同じ曲に
聞こえてしまう。練習してても面白くない。
そこで、どうやってそういうところから脱却するかを考えていた。

やはりアドリブソロというのは、コード進行に沿って、「いかに自分の歌を歌うか」
ということなんだと思う。それで、BPMを落として、コードスケールや分散和音を
頭から消してみて、自分で歌ってみる。そうすると、一つのモチーフからいろんな
フレーズが出てきたりして、意外と歌心のあるフレーズが生まれてきたりするのだ。

分散和音とコードスケールの練習は基礎練習として大切だけれども、
それに埋もれてしまっていた自分の中の歌心というものを
掘り起こすことはすごく大事なことだと思った。

|

« 後期授業開始 | トップページ | 秋晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/6461208

この記事へのトラックバック一覧です: 練習日記:

« 後期授業開始 | トップページ | 秋晴れ »