« LIVE in 御影 | トップページ | もう12月 »

2005年11月28日 (月)

ライブリポート

昨日は武庫之荘のイタリアンレストランで、
塩崎愛理・鈴木一郎・中嶋成一トリオのライブがあり、
音楽仲間と聴きに行った。
塩崎さんは買ったばかりというハモンドXK3evolutionと、
簡易型回転スピーカーのmotion soundを使用。
もうおなかいっぱいというぐらいすばらしい演奏を存分に堪能することができた。


塩崎さんも、鈴木さんも、とにかくアドリブソロのフレーズがとてもよく歌っているのだ。
塩崎さんに、どうやってフレーズ考えてるのと訊いたら、自然に湧き出てくるらしい。
「分散和音やコードスケールの練習がアドリブフレーズに結びつかなくて苦慮している」
と言うと、「そんな練習したことなんかないよ。そんな練習やめちゃいなよ」と。
ま、それは軽い冗談だろうけど。
その代わりに、オルガンのCDをよく聴いているので、そのフレーズは自分の身に
しみこんでいるらしい。


やはり自分の歌いたいことを歌うというのが大事なんだろうと思う。
でないと、聴いている方も面白いはずがない。


これぞプロと思ったのは、お客さんからのリクエストを受け付けて、
その場でサマーサンバを演奏したことだった。オリジナル曲も2曲あり、そのうち
1曲はその日の昼にスパゲティを食べながら思いついた曲らしい。
彼女の曲はとても好きである。


私もオルガンの前に座らせてもらったら、鈴木さんに「とても似合ってる。
アメリカのハーレムに行ったときにこんな感じでオルガン弾いてた人が
いたのを思い出した」と言われた。そう、私はドラムとかオルガンの前に座ると
とても似合っていると言われるのだ。


音楽に対する真摯な姿勢が、とても好感の持てるすばらしいライブで、
私もとても勉強になった。

|

« LIVE in 御影 | トップページ | もう12月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/7359490

この記事へのトラックバック一覧です: ライブリポート:

« LIVE in 御影 | トップページ | もう12月 »