« 今日の一日 | トップページ | 音楽療法セミナー »

2005年11月 5日 (土)

「にほんごのうた」

今日は「にほんごのうた」というライブを聴きに行った。
童謡や文部省唱歌からJ-POPまで、日本語の曲を
ピアノの浜村昌子さんと歌の溝口恵美子さんというデュオが
カヴァーするという企画。今回は「秋」がテーマだった。

まずは会場について。
神戸三宮の北の方にある「クレオール」というハコだったが、
ここに来るのは初めてだった。
メンテナンスの行き届いたヤマハのグランドピアノがあり、
照明もソフトな感じで、天井も高く、落ち着いた雰囲気で、
アコースティック向きの音響。
とてもいいスポットだと思った。12月にはグレッグ・オズビーも来るらしい。


溝口さんの歌を聴くのは初めてだったが、少しハスキーがかった独特の声で、
スキャットをするときなどはとても伸びがあった。スキャットと言っても、そんなに
難しいフレーズをやってるわけではないのだが、強弱とか表情の付け方が豊かなので、
その分とても説得力を持って伝わっている感じがした。
自分がサックスを吹く時の参考になった。


浜村さんがこういう曲を弾くのは初めて聞いたけれども、とてもよく歌っていて、
リリカルなピアノだった。ピアノという楽器の良さを改めて感じ、私もピアノを練習したく
なった。


今日演奏されたナンバーの中でとくにヒットだったのは、
はっぴえんどの『風をあつめて』とかまやつひろしの『我が良き友よ』。
前者は、「えっ? こんな曲もやるの?」という意外性に加えて、
ピアノデュオでやっても佳曲だと改めて感じたのと、
後者は、溝口さんの歌声と男臭い歌がすごくマッチしていたと感じたので。(笑)


やはり日本人には日本語の歌がぐっとくる。
この企画はお二人が半年に1回ぐらいのペースでかなり力を入れて取り組んで
おられるそうだが、「日本にはこんなにすばらしい『うた』があるんだよ」ということを
知らしめるためにも、今後も続けていってほしいと思った。

|

« 今日の一日 | トップページ | 音楽療法セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/6917229

この記事へのトラックバック一覧です: 「にほんごのうた」:

« 今日の一日 | トップページ | 音楽療法セミナー »