« クリスマスライブ ~御影~ | トップページ | アルトサックス »

2005年12月24日 (土)

小田和正 「クリスマスの約束」

今年も小田さんの「クリスマスの約束」を見た。
結局最後まで見てしまった。

小田さんの歌を聴きながら、
私にとっては小田さんの音楽こそが原点であり、
また回帰すべきところであると強く思った。

これまではいろんな人のカヴァーが中心だったけれども、それも
「風のようにうたが流れていた」である程度果たされたためか、
今年のコンサートツアー「大好きな君に」のダイジェストのような形になっていた。
私も今年行った小田さんのコンサートのことを思い出しながら、
最後まで楽しむことができた。

私よりもずいぶん年上の女性たちが、目に涙を浮かべながら
一緒になって歌っている姿が何度も映し出されたけれども、
そういう力を小田さんの歌は持っている。
そう、思わず一緒に口ずさみたくなるような不思議な魅力を持っているのだ。
そして、彼の歌は時を経てもけっして色あせない。
「うた」としてのそれだけの力を持っている。
「生まれくる子どもたちのために」が、あのような形で(児童4人との合唱で)
よみがえるとは、想像さえしていなかった。

小田さんのトークも冴え渡り、ああ、この人はとてもいい年の取り方をしているな、
と思った。かつて(と言ってももう25年ほど前)NHKFMの番組に5人で出演した
ときにはぼそぼそとしゃべっていて、無愛想な印象があったが、今では高らかに
声を張り上げて、笑いのツボも心得て、MCもずいぶん上手になられた、と思う。

年を追うごとに、この人はどんどんエネルギーが解放されて、輝いてきているん
だなあ、と、強く思った。かつてオフコースを「暗い」と言っていた連中には、
「どや!見たか!」と言ってやりたい(笑)。そして私も小田さんのように、
いい年の取り方をしていきたい。

|

« クリスマスライブ ~御影~ | トップページ | アルトサックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/7804996

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正 「クリスマスの約束」:

« クリスマスライブ ~御影~ | トップページ | アルトサックス »