« 練習日記 | トップページ | 今日の一日 »

2006年1月18日 (水)

DIRECTION ライブ

神戸元町で、DIRECTIONのライブがあるというので、観に行った。
DIRECTIONは、金子雄太(org)、川嶋哲郎(ts)、大坂昌彦(ds)という、
日本を代表するジャズ系プレイヤーのバンド。

今日1月17日が、神戸にとって特別な日ということで、川嶋さんの提案で
黙祷で始まった。

音楽専門学校生の悲しい性(さが)で、こういうライブは娯楽というよりも
勉強という意識で観てしまう。

川嶋さんのサックスはとても熱かった。フラジオやオーバートーンをふんだんに
取り入れたフレーズは、結構参考になった。雄太さんのオルガンは
とても落ち着いていて安心して聴ける。大坂さんのドラムはとてもメロディアスで、
自称メロドラマーというのもうなずける。こういうドラムを叩けるようになりたいなあ。

こういう熱いライブは聴いている方も「どんなフレーズを弾いてるのだろう」
とか「どういうスケールで吹いてるのだろう」などと考えながら、
精神を集中して聴いてしまうので、結構疲れたな~。

|

« 練習日記 | トップページ | 今日の一日 »

コメント

おそらく昨日のライブは3人にとってはベストではなかったんではなかろうか。
決して悪くはなかったけどね。
あれだけの確かな技術と勢いのある人のライブで「悪い」ということはまずない。
底力ですね。

投稿: tri-da- | 2006年1月19日 (木) 00:40

tri-da-さま
ご来場ありがとうございます。
CDも聴きましたが、ジャズと言うより
クロスオーバーって感じでした。
オルガンの音も良く聞こえてました。
このブログは私が日々思うことを
好き放題書いておりますが、それで良ければよろしくお願いします。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2006年1月19日 (木) 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/8213026

この記事へのトラックバック一覧です: DIRECTION ライブ:

« 練習日記 | トップページ | 今日の一日 »