« DEPAPEPE on TR | トップページ | 原田真二 on 谷五郎のOH!ハッピーモーニング »

2006年1月23日 (月)

小田和正 on 「にんげんドキュメント」

昨夜のNHK「にんげんドキュメント」に小田和正さんが登場。
誰しも最も影響を受けたミュージシャンというのがいると思うけれども、
私にとってはまさしく小田さんがその人である。
小田さんの音楽こそは、私の原点であり、私がそこへ還っていくところの
ものである。

番組では、普段は見られないようなステージ裏までカメラが入っていた。
吸入器で喉に吸入する姿、ジムで走る姿、ステージで跳ぶ夢を見て
ベッドから落ちたと語る姿……。小田さんももう58歳なんだ……。
私が小田さんの音楽に出会ったのが、彼が30代の時だったので、
もうそんなに年月が経ったのかという思いがある。
しかし、さまざまな紆余曲折を経て、とてもいい感じの年のとり方を
していると思うので、これからも末永く歌を歌い続けていってほしい、
と心から願っている。

|

« DEPAPEPE on TR | トップページ | 原田真二 on 谷五郎のOH!ハッピーモーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/8301597

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正 on 「にんげんドキュメント」:

» 小田和正「にんげんドキュメント」 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
ツアー終盤の声の管理、音楽観の変化、そして同級生や団塊の世代への思いが軸になっていました。 「そして今も」とか「the flag」をクローズアップしたところは、NHKらしいと言えばNHKらしいかも。 番組最後の小田さんのメッセージはファンにとって嬉しいものでした。 ....... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 07:16

« DEPAPEPE on TR | トップページ | 原田真二 on 谷五郎のOH!ハッピーモーニング »