« プロとアマの違い | トップページ | 『オーラの泉』 »

2006年3月28日 (火)

聴かせ方の工夫

先日、神戸元町でのライブが終わったあとに反省会をした。
ドラマー曰く、
「テーマやってソロやって4バースやってテーマに戻ってハイ終わり、では
それこそ『発表会』になってしまう。そんなんじゃ聴いてる方は全然面白くない」と。

その通りだと思った。
習慣とか惰性とかいうのは恐ろしいもので、3年間学校にいる間に
そういう形式がもう当たり前のようになってしまった。
人に聴いてもらう以上、聴かせ方を工夫しなければならない。

ソロをやると言ったって、ひとりひとりそんなにテクニックがあるわけでも
ないのだから、なおさらである。
キメをつくるとか、カウンターメロディーでハーモニーを作るとか。

学校を離れて、より自由に音楽を自分で企画することができるわけだから、
「~しなければならない」という枠から離れて、本当に面白いと思うことを
少しずつでもやってみるようにしたい。

|

« プロとアマの違い | トップページ | 『オーラの泉』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/9301680

この記事へのトラックバック一覧です: 聴かせ方の工夫:

« プロとアマの違い | トップページ | 『オーラの泉』 »