« 感動の卒業式! | トップページ | 聴かせ方の工夫 »

2006年3月26日 (日)

プロとアマの違い

きのうはレストランでライブだった。
近所の大学の軽音部のOBが対バンだった。
対バンのことを悪く言いたくはないのだが、いろいろと考えるところがあったので、
それを書きたい。

我々音楽専門学校生は将来プロとなってもやっていけるように教育をされる。
その一つがステージマナーである。
ステージに立ったら不要な音は絶対に出さない。これは鉄則である。
それが昨日の人たちと来たら・・・。

ギター「ギュイ~ン、ギャーン(その後、ソロのフレーズが延々続く)」
ピアノ「ポロン、ポロン(たぶん何かのイントロ)」
ドラム「ダラスタタタタン!タカドコドコン!チキチキチキスチーッ」
ボーカル「あ、あ!は、は、は、は!(マイクチェック延々)」
(これらが渾然一体となってノイズとなる。)

あかんでしょう、それは。
ここはレストランですよ。
まあ来てるお客さんは彼らのギャラリーが多かったですが、そうでない人もいます。
常識で考えれば、そういうノイズが料理やお酒や会話の味を損なうことぐらい
わかると思いますが。

ついでに言えば、彼らの演奏はすばらしかったです。たぶん軽音部の中でも
トップレベルの人たちなんだと思いますが、それだけに本番前のマナー違反は
いただけませんでした。

こういうところがプロとアマの違いなんだと思います。
以前、あるアマチュアビッグバンドの演奏を聴きに行ったことがありました。
本田雅人さんのバンドがゲストで来ていて、それを見るのが目的でした。
ビッグバンドの演奏が終わって、休憩をはさみ、ステージの上に本田さんたちが
現れたとたん、会場の空気がサッと変わりました。
最初の出音からして明らかに違いました。これがプロだ!と思い、ゾクゾクッと
しました。

アマチュアの演奏は、まず自分たちが楽しむ。
その延長上にお客さんも一緒になって楽しめればいい。
しかしプロは絶対にいいかげんな音は出さない。
出音の一つ一つに命がこもっているような気がします。
そしてそれは自分のめざすところでもあります。

翻って、われわれプロとしての専門教育を受けた者にありがちな問題点は何でしょうか。
毎日音楽に追われ、楽しさを忘れがちになっていること。
これは残念ながらアマにかなわない部分もあると思います。
また、間違ってはいけない、うまいことまとめなければならないと思う余り、
演奏に勢いのようなものがなくなって、「うまいのはうまいけど、
なんかいまいち伝わってこない」ということになりがちでもあります。

プロとして教育を受け、「ああしてはいけない、こうしてはいけない、
こうしなければならないんだ」ということをあまりにも口うるさく言われたために、
以前抱いていた勢いのようなものが削がれ、
角を矯められた牛のようになってしまっていることが多いかもしれません。

昨日のバンドはうまかったですが、しかしプロにしかできないこともあります。
■どんな状況、どんなトラブルにも慌てず対応する。
■その場で楽譜を渡されて「これやってね」と言われてもなんとかうまくまとめる。
(キーの違う管楽器奏者にはキツいことです。)
■共演者の理不尽な(?)注文にも対応する。
■お客さんのリクエストに応える。(なかなか難しいですが、
これができれば立派なプロ)

プロフェッショナルとしてのマナーや技術をもちながら、
精神はアマチュアの初々しさを忘れないというのが理想的な姿なのかもしれません。

もちろん音楽専門学校を出たからと言って、
みんながみんなプロになるとは限りません。
むしろプロとして音楽業界でやっていく人は、
全体から見ればほんのわずかだと思います。
しかし、学校で培ってきた音楽人としてのスピリットは忘れずにいたい、
と強く感じました。

|

« 感動の卒業式! | トップページ | 聴かせ方の工夫 »

コメント

こんちは! お久しぶりです、いつも見てますよ。 いくら車の運転がうまくても、タバコをポイ捨てしたり、乱暴な運転をしたりすると周りに迷惑がかかって、ひんしゅくをかうと言ったことと似てますね(苦笑) どこの世界に行ってもマナーは、その人を計られる基準になってるもんなぁ~。 私も気付かなくてしていることもあるから気をつけないと・・・。 話は変わりますが、ウチの会社は今、レストランでのイベント企画として生演奏できるユニット(小編成のバンド)を探しています。 低ギャラでOKのいいユニットがあれば至急教えていただければ助かります。 よければお願い致します。
reborn-fine@nifty.com

投稿: RE-Born inc. | 2006年3月27日 (月) 19:54

RE―Born inc.さま
いつもありがとうございます!
詳細は後でメールいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2006年3月27日 (月) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/9266246

この記事へのトラックバック一覧です: プロとアマの違い:

« 感動の卒業式! | トップページ | 聴かせ方の工夫 »