« ライブ反省 | トップページ | 助けあい »

2006年5月21日 (日)

青空練習

今日は晴れたので、久しぶりに青空練習。
遠達性のある(遠鳴りのする)音を作るには、
野外練習が一番いい。

帰りのこと。信号のややこしい五差路がある。
一方の車道が赤になったので、歩行者信号を確かめないで
見切りですたすたと歩き出した50代ぐらいの大人がいた。
もう一方の車道は青に変わったばかりなので、
車が一斉にスタート。にもかかわらずおっさんはすたすたと
渡ろうとする。
「はねられる!」と瞬間的に察知した私は、大声で「危ない!危ない!」
と叫んだ。
おっさんは急ぎ引き返すも、きょとんとして信号を見るばかり。
車道が赤に変わったんやんけ、歩道は青になるはずだろう、とでも思っているのか。
「赤ですよ。」と指摘してやるも、不思議そうにしているだけ。

危うく目の前で死亡事故を目撃するところだった。
生と死とはこんな風に紙一重である。
もし私が叫ばなかったら、おっさんは今ごろ病院に運ばれているだろう。

それにしても、おっさんは礼の一言もない。
かなりインテリ風な人で、歩いてきた方向から、近くの大学の関係者なのかもしれない。
ま、人が目の前で死ぬのが嫌なのでしたことだから別にいいのだが、
こういう大人が今の日本をダメにしているような気がするな。
挨拶もできない大人、情けないことです。

もっとも、ふだん出会う大人の人たちは、少し袖が触れただけでも
「あら、ごめんなさい」と言うような礼儀正しい人たちが圧倒的に多いのですが。

|

« ライブ反省 | トップページ | 助けあい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/10173860

この記事へのトラックバック一覧です: 青空練習:

« ライブ反省 | トップページ | 助けあい »