« リハ | トップページ | 青空練習 »

2006年5月20日 (土)

ライブ反省

神戸元町でのライブ。
こんな大雨にもかかわらず、お客さんが来てくれて感謝。
メンバーの知り合いのほかに、一見さんもちらほら。
総体としては、前回よりも格段に良くなったというのが、
知人やメンバーの一致した感想だった。

もちろん細かい部分を言えばいろいろあるが、このメンバーで
続けていけば、だんだん良くなっていくのではないだろうか、
と思えた。

私個人では、学校以外のライブで初めてフルートを吹いたという
フルートデビューの日となった。
フルートの音色がとてもさわやかで、自分で聴いていてもとても気持ちいい!
サックスだけでなく、フルートも練習して今後のライブでもどんどん使って
いきたいと思った。
聴いてるお客さんも、目先が変わった方が飽きなくていいと思うので。

個人的な課題としては、フレーズの手数が少なすぎ。
もっとフレーズを仕込む必要がある。
また、16分音符でも指がもつれないように基礎練習をしっかりすること。
それと、自分が何を歌いたいのか、どんなフレーズを弾きたいのか、
「意志を持った音」を出すこと。
小さく縮こまらないで1ステージ目から思い切って音を出すこと。
などなど。

意外だったのは、オルガニストに「今日、音がすごく良かった」と
言われたこと。練習時間の絶対量で言えば、最近少なくなっているのに。
やはり野外での練習が効いているのだろうか?
また、「こうしなければならない」というスタンスでなく、自分の吹きたいように吹く
という開き直った姿勢が良かったのかもしれない。
また、私が激しくパフォーマンスすると相乗作用でオルガニストも乗ってくるようで、
自分ではそんなに意識していなくても、そういうことって大切なんだと改めて思った。

音楽専門学校を卒業してから、正直、練習時間も減って、今後管楽器が続けられる
だろうか、と不安になってもいたのだが、今日のライブで手ごたえをつかむことができた。
それは、お客さんがとても楽しんでくれたのが手に取るようにわかったというのが
大きかっただろう。

このメンバーで今後やっていけそうなめどが立った。
私にとってはとても勉強になるし、お互いによい相互作用がなされているように思う。

次のライブを目標に、また練習していきたい。

|

« リハ | トップページ | 青空練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/10147500

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ反省:

« リハ | トップページ | 青空練習 »