« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月20日 (火)

フィル・ウッズ in 大阪BIG CAT

フィル・ウッズが3年ぶりに日本に。
3年前、神戸のチキンジョージで見て以来、もう日本には来てくれないのか、と
思っていたが、再び来日してくれて、とてもうれしかった。

I Remember Aprilで幕を開け、往年のエネルギッシュでやんちゃ心あふれる
フィルウッズ節を披露してくれた。

フィル・ウッズ氏は現在ヤマハのノーラッカーモデル82Zを使用している。
ヤマハの特徴なのか、少し低音のサブトーンが出しにくそうかな?と思ったが
気のせいかな。巷間彼のモデルはF#なしと言われているが、客席から見たところ、
確かにF#タンポは付いていた。あとは、ネックがラッカーありで、光沢があった。

曲はスタンダードが中心で、エリック・ドニーと大坂昌彦のデュオなども交えながら、
2ステージに亘った。2ndステージの最初にはビリージョエルの「素顔のままで」の
あの有名な間奏を披露。 その次にはエリック・ドニーの「Why Not?」を演奏し、
MCで「Why not? Not Natto. I don't eat.」と、ジョークのネタも3年前の神戸と同じで
うれしかった。(ただ、3年前は「Natto. My favorite.」だったのだが。納豆きらいになった
のだろうか?(笑))

フィルウッズはパーカーの後継者と言われているが、パーカーの演奏がどこか病的な
匂いを感じさせるのに対し、フィル・ウッズの演奏は至って明るく突き抜けている。
エリック・ドニーの透明感あるれるピアノとの相乗効果で、アメリカ郊外の緑に囲まれた
明るい風景が目の前に浮かぶような今日の演奏だった。
ジャズというと酒・薬・煙と都会の夜が目の前に浮かんでくる音楽が多いのだけれども。

ジャズにはあまり感情移入ができないことも多い私だが、フィルさんの音楽だけは、
なぜかチューニングがぴったり合う。聴いていて楽しい。

そんなフィルさんの演奏だから、今後も体を大切に、そしてぜひまた日本に来てほしいものです。
すばらしい演奏をありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

リハ

御影でリハ。
ここ2週間ほどまともに練習できてない。
練習場所もまだ探せていないし。
スポーツと同じで「体がなまる」という感覚がよくわかる。
しかし、和気藹々とした雰囲気でリハ進行。
しまいにはハモンド、ギター、ベース、ドラムスで
パープルメドレーに突入。
みんなロックが好きなんだ。
このレストランでいつか「パープルナイト」をやろう、と言い合った。
気が付けば23時を回っていた。
気の合った仲間との時間は早く過ぎる。
ま、とにかく私は本番まで練習しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

訃報

今朝の新聞をみて、ええっ? と思った。
ベーシストの青木智仁氏が死去。
本田雅人さんや角松敏生氏のサポートでよく名前を聞いていました。
本田さんの京都ラグのライブなんかで生で拝見したこともあります。
享年49歳だそうです。早すぎる、という感じ。
心より哀悼の意を表します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ウィンドウズサポート終了とは何たることか

NHKのニュースによると、ウィンドウズXPのサポートがあと2年半で
終了するとか。マイクロソフト日本法人によると、「技術はどんどん進歩
していくわけで、サポート終了が新しい製品を知ってもらうきっかけになる」
とか。

何たること!パソコン1台買うのにどんだけ金がかかると思ってるんだろう?
殿様商売とはこのことで、お客様のことを何も考えてないじゃないか。

ウィンドウズのセキュリティの脆弱性が伝えられるたびに、他社製品に変えようと
思うのだが、OSでは圧倒的なシェアを占めるので二の足を踏む。そういう顧客の
足下を見透かしたかのようなこのたびの宣言である。

せめてもの抵抗は、次にパソコン買うときにはマックにするということぐらいだろうか。
そのぐらいしか思いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

横田夫妻の姿勢を評価する

横田めぐみさんの「夫」とされるキム・ヨンナム氏の家族が訪朝するらしい。
まんまと北朝鮮の分断工作にはまってしまったわけで、これでまた拉致問題の
全面的解決が遅れてしまったかと思うと、同胞として大変悔しい思いである。

ま、その辺の分析は専門家に任せるとして、ここで私が言いたいのは、
横田夫妻の冷静な態度は称賛に値するということである。

誰よりも、一番つらいのは横田夫妻に違いない。
本人たちがどれほどめぐみさんに会いたいか。
そういう気持ちをないがしろにする形で、今回のキム・ヨンナム家族の訪朝が
決まった。

だが、横田滋さんはNHKのインタビューに対して、「ご家族がそのように判断
されたわけだから、私たちにはそれに対してどうこう言う立場にはない。ただ、
私たちは拉致問題の全面的解決を望むため、今は訪朝しないという立場だ」
というようなことを、冷静に語っておられた。

私は、このような人をわが国同胞に持ったことをとても光栄に思う。
これでまた、かの国の人が感情に流されやすいのに対して、
わが国民は冷静で理知的だという、民度の差が明らかになったと思う。

竹島や靖国に対する彼我の態度の差にも、それは明らかである。
友好国の国旗を焼いたり、総理大臣の顔に×をつけたりするという非礼なことは、
わが国の一般市民の常識ではありえない。やはりそれは、「民度」の差なのである。

話を元に戻せば、ある意味「抜け駆け」とも言える行為に対して、
どれほどつらいか、悔しいかというその複雑な胸中をひた隠し、拉致問題と闘う日本の
顔として、恥ずかしくないコメントを述べておられた横田夫妻に対して、
ただただ敬服するという以外にない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

セッション

土曜日のセッションも最近大盛況で、サックスが7~8人、歌が4~5人は
常時入ってる状態になっている。うかうかしていると終電を逃してしまう。
というわけで、今月もドラムで参加という姑息な(?)手を使ったにもかかわらず、
今月は他にドラマーも一人来ていたので、結局1曲だけ。

こともあろうに、「アイリメンバーエイプリル」を叩くことになった。
途中でグルーブが変わるのでどうなるかと思ったが、ホストバンドのドラマー氏に
ブロックサインをだしてもらって無事終了。歌の先生にお褒めの言葉をいただき、
とてもうれしかった。

来月まできちんと練習して、もっとたくさん叩かせてもらえるようにしたい。

で、サックスの方はどうかというと、吹くのが一週間ぶりだし、ここんとこ引越しで
練習もろくにできてなくて、少し楽器の鳴りが重い気がした。管楽器は息を通さないと
それが如実に表れる。師匠にも、息のスピードがちょっと落ちとんちゃうん?と言われた。
しかし、楽しく吹くということはできているように思うので、ぼちぼち練習していこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

引越しの効用

3年間住んだ六甲から北摂に引越しが完了した。
大学時代から数えると、もう何度も引越しをしているが、
引越しはそれに伴うエネルギーのロスもあるけれども、
効用も大きいと思う。

何年も同じところに住んでいると、物が溜まる。
細かい物を含めれば、ついついいらない物を買ってしまって
それが「ちりも積もれば山」となってしまうのだ。
引越しに際してはそれらを処分せざるを得ない。
体に垢がたまったら風呂で洗い流すように、
引越しには生活空間に溜まった「垢」を洗い落とす効果がある。
そうしてリフレッシュして新しい空間で出直すのである。

また、引越しに際しては、日常どれだけ多くの人や物に支えられて
生きているかを改めて思い起こすことになる。
雨の日も風の日も雪の日も、休むことなく新聞を届けてくれた
新聞配達の方。契約終了を告げる時、本当にお世話になったと
頭を下げた。

不用品引取りの業者の方。我々、意識せずにゴミを出しているけれども、
こういう業者の方がいて初めて世の中は回っている。
高校の時、先生が「君達は人に指図されて動くのではなく、人を動かす
リーダーになるんだろ?」と言った。進学校だからそれは間違いではない。
しかし私はあまりピンと来なかった。

私はこのたび思った。やはり職業に貴賎はないのではないだろうか、と。
ありとあらゆる職業が有機的に繋がりを持ってはじめて世の中は回っている。
そのうちのどれが欠けたとしても、うまく機能することがなくなってしまうだろう、と。
我々が出したゴミや不用品を処理する人たちがいて初めて世の中は機能している。
それは、人体の中に、命令を出す脳のような器官もあれば、老廃物を処理する
腎臓や膀胱などの器官があって初めてひとつの体として機能しているのと
同じようなものだ。

さてこのたびとりわけ感慨深かったのが、3年間使ったベッドとの別れだった。
神戸に来た時に何より重視したのは、とにかく良い質の睡眠を確保するという
ことだった。神戸に来るまえに不眠症から体調を崩してしまった経験のある私
にとって、睡眠は何を置いても大切だった。その睡眠を支えてくれたベッドと
お別れするのはさすがに断腸の思いだった。ありがとう。そう言わずにはいられない。

引越しには、来し方を振り返り、整理し、気持ちを新たにする大きな効用があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »