« シンプルな生活 | トップページ | セッション »

2006年6月 2日 (金)

引越しの効用

3年間住んだ六甲から北摂に引越しが完了した。
大学時代から数えると、もう何度も引越しをしているが、
引越しはそれに伴うエネルギーのロスもあるけれども、
効用も大きいと思う。

何年も同じところに住んでいると、物が溜まる。
細かい物を含めれば、ついついいらない物を買ってしまって
それが「ちりも積もれば山」となってしまうのだ。
引越しに際してはそれらを処分せざるを得ない。
体に垢がたまったら風呂で洗い流すように、
引越しには生活空間に溜まった「垢」を洗い落とす効果がある。
そうしてリフレッシュして新しい空間で出直すのである。

また、引越しに際しては、日常どれだけ多くの人や物に支えられて
生きているかを改めて思い起こすことになる。
雨の日も風の日も雪の日も、休むことなく新聞を届けてくれた
新聞配達の方。契約終了を告げる時、本当にお世話になったと
頭を下げた。

不用品引取りの業者の方。我々、意識せずにゴミを出しているけれども、
こういう業者の方がいて初めて世の中は回っている。
高校の時、先生が「君達は人に指図されて動くのではなく、人を動かす
リーダーになるんだろ?」と言った。進学校だからそれは間違いではない。
しかし私はあまりピンと来なかった。

私はこのたび思った。やはり職業に貴賎はないのではないだろうか、と。
ありとあらゆる職業が有機的に繋がりを持ってはじめて世の中は回っている。
そのうちのどれが欠けたとしても、うまく機能することがなくなってしまうだろう、と。
我々が出したゴミや不用品を処理する人たちがいて初めて世の中は機能している。
それは、人体の中に、命令を出す脳のような器官もあれば、老廃物を処理する
腎臓や膀胱などの器官があって初めてひとつの体として機能しているのと
同じようなものだ。

さてこのたびとりわけ感慨深かったのが、3年間使ったベッドとの別れだった。
神戸に来た時に何より重視したのは、とにかく良い質の睡眠を確保するという
ことだった。神戸に来るまえに不眠症から体調を崩してしまった経験のある私
にとって、睡眠は何を置いても大切だった。その睡眠を支えてくれたベッドと
お別れするのはさすがに断腸の思いだった。ありがとう。そう言わずにはいられない。

引越しには、来し方を振り返り、整理し、気持ちを新たにする大きな効用があると思う。

|

« シンプルな生活 | トップページ | セッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/10360833

この記事へのトラックバック一覧です: 引越しの効用:

» 不眠症のヨン様で知る人のつながり [宮沢賢治の風−自然が教えるみずみずしい暮らし]
 月齢 6.9 日  韓国スターのペ・ヨンジュンは、実は不眠症に悩まされていたって聞いて まさか!と思う人より、「それってあるかも」と感じた人の方がずっと多いと思う凸 「ちょっと前には、睡眠障害に悩まされ、精神科で治療を受けた。疲れを感じたときには、眠り....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 12:31

« シンプルな生活 | トップページ | セッション »