« セッション | トップページ | ウィンドウズサポート終了とは何たることか »

2006年6月 8日 (木)

横田夫妻の姿勢を評価する

横田めぐみさんの「夫」とされるキム・ヨンナム氏の家族が訪朝するらしい。
まんまと北朝鮮の分断工作にはまってしまったわけで、これでまた拉致問題の
全面的解決が遅れてしまったかと思うと、同胞として大変悔しい思いである。

ま、その辺の分析は専門家に任せるとして、ここで私が言いたいのは、
横田夫妻の冷静な態度は称賛に値するということである。

誰よりも、一番つらいのは横田夫妻に違いない。
本人たちがどれほどめぐみさんに会いたいか。
そういう気持ちをないがしろにする形で、今回のキム・ヨンナム家族の訪朝が
決まった。

だが、横田滋さんはNHKのインタビューに対して、「ご家族がそのように判断
されたわけだから、私たちにはそれに対してどうこう言う立場にはない。ただ、
私たちは拉致問題の全面的解決を望むため、今は訪朝しないという立場だ」
というようなことを、冷静に語っておられた。

私は、このような人をわが国同胞に持ったことをとても光栄に思う。
これでまた、かの国の人が感情に流されやすいのに対して、
わが国民は冷静で理知的だという、民度の差が明らかになったと思う。

竹島や靖国に対する彼我の態度の差にも、それは明らかである。
友好国の国旗を焼いたり、総理大臣の顔に×をつけたりするという非礼なことは、
わが国の一般市民の常識ではありえない。やはりそれは、「民度」の差なのである。

話を元に戻せば、ある意味「抜け駆け」とも言える行為に対して、
どれほどつらいか、悔しいかというその複雑な胸中をひた隠し、拉致問題と闘う日本の
顔として、恥ずかしくないコメントを述べておられた横田夫妻に対して、
ただただ敬服するという以外にない。

|

« セッション | トップページ | ウィンドウズサポート終了とは何たることか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/10439750

この記事へのトラックバック一覧です: 横田夫妻の姿勢を評価する:

« セッション | トップページ | ウィンドウズサポート終了とは何たることか »