« 拝金主義を危惧する | トップページ | 『9.11テロ捏造』ベンジャミン・フルフォード著(徳間書店) »

2006年7月30日 (日)

メディアリテラシーの必要性

インターネットをやっていると、メディアリテラシーってやっぱり必要だな、と思う。
最近、産経新聞のiza!というブログもやっているのだが、訳の分からないコメントが
つくことがある。
まず、人の書いた文章を読解する力がないこと、そして、自分が何が言いたいのか、
表現力がないこと。
ネットという空間には、そういう人もいとも簡単に入り込める。

また、出版物と違って、インターネット上の文章には第三者の校閲が入らない。
事実と相違することも平気で流布されるし、たとえば政治や時事については、
憶測とか妄想に近いような内容も、活字やレイアウトなど、
それなりの体裁を伴って多数の目に触れる。ある意味、恐ろしいことだ。

たとえば、韓国の大統領選挙でノムヒョン政権を誕生させたのはインターネット世論で
あると言われているけれども、そのノムヒョンが現在何をやっているか。
北の独裁を支え、日米に対して敵対し、北東アジアの安定を損なっている。

日本も自民党総裁選を控えているが、ある意味、言論の自由の認められた国であるが
ゆえの脆弱さというのもあるということを、肝に銘じておかねばならない。

さて、産経のiza!であるが、玉石混淆で、本格論文もあれば、便所の落書き、2ちゃんねる
程度の「つぶやき」もある。私の見たところ、やはり保守系の発言が多いようだが、
惜しむらくは、言論のマナーさえもわきまえていないブログも散見されることだ。
「文は人なり」とはよく言ったもので、やはり文体はその人の内面を表す。
たまったストレスをこの場で発散したいという気持ちもよく分かるけれども、
どんなにいいことを言っていても、単に罵倒したり叫んだりするだけでは、意見を同じく
する人の共感すらも得られないだろう。

言葉の価値はその人の価値でもある。
その人の発する言葉でその人の価値がはかられうる。
ブログなどで言葉を発する私も、そのことは肝に銘じておきたい。

|

« 拝金主義を危惧する | トップページ | 『9.11テロ捏造』ベンジャミン・フルフォード著(徳間書店) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/11153760

この記事へのトラックバック一覧です: メディアリテラシーの必要性:

« 拝金主義を危惧する | トップページ | 『9.11テロ捏造』ベンジャミン・フルフォード著(徳間書店) »