« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

石豊久&堤聡子 演奏会2006

京都の青山音楽記念館に、チェロの石豊久氏とピアノの堤聡子氏の
デュオを聴きに行ってきた。

こんな所で感想の駄文を書くのも申し訳ないほど素晴らしい演奏だった。

芸術音楽の演奏会を聴きに行くのは久しぶりだったが、学ぶものが
たくさんあったような気がする。

まず、その演奏のクオリティの高さである。集中力がすばらしい。
この演奏会のために相当な練習をこなしたのだろうなとわかる。
我が身が恥ずかしくなるような、凛とした演奏だった。
やはり人に聴かせる演奏というものを侮ってはならない。
「えーかげん」な演奏であればそんなものを何度繰り返しても
何にもならないわけだ。それは音楽への冒とくにほかならない。
どれだけその演奏に集中するか。
今日のお二人の演奏からは、まさに「精神性の高さ」というものが
感じられた。お手本にしたいと思う。

次に、今日の演奏会のプログラムは、前後にロシア・ソヴィエトの
作曲家(ミャスコフスキーとプロコフィエフ)の作品を挟んで、
気鋭の若手作曲家である平野一郎氏のオリジナル作品3曲という
構成だったが、西洋音楽の伝統上にある前者と、西洋音楽を学んだ上で
日本の神話的世界や民俗的世界を表現する後者が好対照をなしていた
ように思った。

平野氏の挨拶で、「ピアノやチェロという楽器は西洋の楽器ですが、
その起源をたどれば、アジアの楽器とも共通の祖先にたどりつきます。
チェロの演奏を聴きながらでも、琵琶や太鼓、あるいは人の唸り声のような
ものが聞こえてくると思います」というようなことをおっしゃっていたが、
まさにその通りだった。そればかりか、ピアノ曲の「水底の星」では、
水底世界さえ目に浮かぶようだった。

チェロ、ピアノという西洋伝統音楽の楽器が、これほどまでに表現力の豊かな
ものであったとは。

楽器を知悉し、西洋音楽を消化した上で、日本の風景や古典文学に由来する
世界を描き出してゆく。数々のコンクールで受賞歴のある平野一郎氏は、やはり
ただならぬ才能の持ち主であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

『自暴自伝』村上ポンタ秀一著(文春文庫)

とても面白い。語り口調で書かれている(というか、インタビューテープを
編集者が起こしたもの)なので、とてもとっつきよく読める。

それまでいろんなドラマーの演奏を聴いてきた私が、
ポンタさんのドラムを初めて生で聞いたとき、腹の底に響いてきて、
手数がどうこうという問題ではなく、その一音一音の持つ説得力に、
これはすごい!と思ったものだった。そしたら、実はピンクレディーや
沢田研二など、私が小学生のころによく聴いていた歌謡曲のバックで
叩いていたとは。私がドラムをすごく好きになったのも、もしかすると
そういう形でポンタさんの演奏を知らないうちに聴いていたからかも
しれない。

彼がここまでの存在になったのは、天性の才能もさることながら、
環境や人脈に恵まれたことも大きいのだろう、と思った。もちろん、
それを生かすも生かさないも本人次第なのだけれども。

日本ポップスの黎明期~黄金時代、そのただ中にいた人の言葉には
やはり説得力があります。再読、三読したい本。ドラマーのみならず、
全ての音楽を愛する人にオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

親の愛は偉大なり

今日、同居人の友達の所へ赤ちゃんを見に行った。
生後2ヶ月の女の子だが、とてもかわいかった。
赤ちゃんは見る人の心をとても平和にしてくれる。
その不思議な力はいったい何なのだろう?

その赤ちゃんの母親は、たった2ヶ月前に
ものすごく痛い思いをして彼女を産んだのに、
その痛みすら今は忘れてしまったと言う。
それもまた不思議なことだ。

やはり、出産→育児ということには、人智を超えた
何かしら偉大な力が働いているとしか言いようがない。

彼女曰く、人の子でもかわいいけど、自分の子はもっとかわいいよ、と。

少子化が進んでいるという。私も、未婚、子供なしである。
しかし、多くの出産経験者が言うように、子供を産み育てる喜びは
何物にも代え難いものであるというのがわかるような気がした。
たぶん、その喜びを体験した人は、少々経済状況が苦しくなろうとも
自分の仕事の時間が少なくなろうとも、それはさしたる問題ではないと
思えるようになるのだろう。経験者にはそれを大いに語ってほしいものだと
思う。

また、赤ちゃんを見ながら思った。
今ではいっちょまえな口をきく私も、かつてはこんな無防備な子供だった。
飲んだばかりの母乳をすぐ吐いたり、糞尿垂れ流しの、自分のことを
自分では何もできない存在だった。
しかし、親というのはその世話をするのが苦にならないのだ。
なんという偉大な存在だろう、親というものは。
まさに無償の愛。
自分が親になって初めて、親という存在の偉大さがわかるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

『外交敗北』重村智計著(講談社)

夏はやっぱり読書の季節。
というわけで、重村智計氏の『外交敗北』(講談社)を読んだ。
とても面白く、ぐいぐいと引き込まれていった。
とりわけ、小泉首相の訪朝前後のいきさつは圧巻である。

とりわけ印象に残ったのは、

■日朝関係は日米同盟の問題であり、日朝が勝手に国交を正常化
することは日米同盟の破棄を意味する。したがって、直前まで小泉首相
の訪朝を知らされていなかった米国は激怒し、日米同盟はこの時危機に
陥った。

■自民党議員を含む国会議員の国対的外交、利権目的の個人外交、
外務官僚の、個人の実績目当ての外交が、国益=国民の利益を
著しく損なっている。

等々。

ところで、みなさんは覚えておいでだろうか。
5人の拉致被害者が帰国したときに、日本は国家の意志として
5人を返さないと決めた。それに対して、「日本は北朝鮮との約束を
破った」とか、「それは5人に対する日本の逆拉致だ」というような
ことを言う人たちが、日本人の中にもいたことを。

もしもその人たちの言うとおりにしていたら、帰国者たちの今日は
ありえなかっただろう。

それが、なぜそうだったのかということも、克明に書かれている。

ここでやはり心に銘記しておかねばならないのは、国家の意志を明確にし、
5人の日本人とその家族を無事帰還させた安倍晋三氏と中山恭子氏の
功績は大きい
、ということである。

北朝鮮は安倍晋三氏が嫌いである。だからこれからも親北的な勢力を
使っていろいろな攻撃を仕掛けてくるだろう。しかし、われわれは、
それに惑わされてはならないということである。

また、横田さんがブッシュ大統領と面会したときに、「ブッシュのパフォーマンス
だ」という声もあったが、アメリカは違法行為を嫌う国であり、自由と民主主義、
基本的人権という価値観を共有する国であることを忘れてはいけないだろう。
アメリカは単純だけれども、あたたかい国でもあるということを。

奇しくも先日NHK「日本の、これから」という番組で、「アジアか、アメリカか」
というようなことをやっていたが、ナンセンスである。現在の韓国のように、
アメリカを離れて自主外交みたいなことをしていると、北の思惑にまんまと
してやられるだろう。日本は、その轍を踏んではならないだろう。

とてもここには書ききれないが、日朝関係、日米関係を考える上で、多くの
示唆に富んだ好著である。多くの方々にぜひ一度読んで頂きたいと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

たけしの誰でもピカソ 数学篇

テレビ東京系「たけしの誰でもピカソ」が、またまたおもしろい企画の番組を
やってくれました。ゲストは数学伝道師の桜井進氏。

まずは数字を使った簡単なマジックに始まり、要領のよい計算法へ。
東工大の論理学の名物教授、藁谷敏晴氏の紹介。
ネイピア数、オイラーの公式など。

藁谷氏のように、文字通り寝食を忘れて論理学の研究にいそしんでいる人が
日本にいるということは感動ものだった。

このへんになると、もうついて行けないが、ネイピア数は富士山の傾斜とか、
アンモナイトの渦、さらには銀河系の渦にもかかわりがあるとか。
宇宙はなんと均整が取れていて、またなんと美しいものなのだろうか。

この神秘に触れて、人は思わず頭を垂れずにはいられないのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

慰霊の季節に思う

8月15日、小泉首相が公約通り靖国神社を参拝した。
5年間、中韓の心ない外圧に屈することなく、「心の問題に介入するべからず」
と言い続けた姿勢を評価したい。

少し勉強すればわかることだが、かつて靖国神社に参拝することは何の問題も
なかった。ある時期、日本の反日的マスコミがこれをことさら外交問題として
アジア近隣国に売り込んだことから問題がややこしくなった。

行くとか行かないとか、いつ行くとか、そういうことをマスコミが(しかも日本の
マスコミが)騒ぎ立てることのほうがおかしい。ほんとうは、静かな季節のはずだ。

桜の季節が出会いと別れの季節であるように、8月半ばのこの季節は、
日本では慰霊の季節である。

日本の来し方行く末に静かに思いを致し、この国の礎を築いてきた方々に
手を合わせようではないか。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

『週刊ポスト』が「あいのり」を告発

どうしても生理的に受けつけない番組の一つが、フジ系の「あいのり」なんですが。
相方が見てるので、やむをえず目にすることがあります。
他人の口説いたり口説かれたりする様子を見るのが、まるで出歯亀趣味のようで、
かなりイラッとくるんです。

で、今週の『週刊ポスト』が、その「あいのり」を告発していました。

■なんでも、ラブワゴンがボスニア地方に行ったときに、TVスタッフが、「悲劇的な
シーンを撮りたい」と言って、現地の人に無理を言って3時間に亘って
戦争の時の体験を語らせ、忘れようとしていた心の痛みをよみがえらせたという。

■また、戦争の犠牲者が眠る墓地で、メンバーの女の子らがキャアキャアと嬌声を
あげて、現地の人たちを不快な思いにさせたとか。

■女性メンバーとTVスタッフがくっついちゃって、同じ部屋に裸で寝ていたのを
現地の人が発見して、「こんな人たちに部屋を貸すのはもうイヤだ」とひんしゅくを
買ったとか。

■出演しているのは素人ではなくてやらせだとか。

最後の「やらせ」疑惑は、周知の事実ですが、どうにも許せないのは、「墓地で
嬌声をあげた」ってことですね。日本の恥です。やっぱり平和ボケなのかね。
海外で現地の人のために一生懸命汗を流している人たちがいる一方で、
こんな非常識な人のために日本人の評判が悪くなるのは許せません。

そもそもあの品のないピンクの「ラブワゴン」を世界で走らせるということ自体が、
色ボケというか色キチ○イというか……。あんな若い男女が四六時中いっしょにいて、
何も起こらないわけないでしょう。まさに「走るラブホテル」です。やめてほしいです。

TV業界というのは視聴率のためならなんでもやるところなんでしょうけど。

詳しくは、今週の『週刊ポスト』(エビちゃんの表紙が目印)をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

和装ノススメ

先日、夏祭りの折りに、甚平に下駄といういでたちで出かけてみた。
そしたら、これがものすごく涼しいのだ。

袖口から脇にかけて大きく開いているので、そこから風がすーっと
入って通り抜ける。風が撫でていくようで、とても心地よい。
この時期普段はTシャツ1枚で外出することが多いのだが、Tシャツだと
汗が張り付いて着心地が悪かったりするのに、甚平では全くそういうことが
なく、肌触りもさらっとしていた。

おまけに、足も下駄だから通気性が良く、蒸れるということがない。

和装というのは、日本の夏の高温多湿を考慮してよく工夫された装いなんだ
と実感した。

もしみんなが洋装をやめて和装にしたら、冷房に費やすエネルギーも、
ずいぶんと節約できるんではなかろうか。下駄履きだと水虫になることも
ないだろうし。

ちょうど「クールビズ」のかけ声もあることだし、そんなみみっちいこと言ってないで、
いっそ「和装ノススメ」を説いたらどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

『美しい国へ』安倍晋三著(文春新書)

次期自民党総裁に最も近いと言われる安倍晋三氏の本。
実に理路整然と書かれており、とても読みやすい。
これからの日本の政治に関心を持つならばぜひ読んでおきたい本だ
と思った。

安倍氏はマスコミ的評価では小泉後継者と言われているが、
決してそれだけではないと思った。

言ってみれば、小泉氏は自民党史の中に突然咲いたあだ花のようなもの。
しかし、安倍氏はれっきとした、自民党保守政治の伝統を受け継ぐ人だと思う。

例えば。
日朝平壌宣言で、小泉氏は国交正常化を焦り、それを自己の実績にしたいという
功名心があったと思われるが、北に対する妥協を許さなかったのは、安倍氏が
同行していたからだ。

また、この5年間の経済政策で「格差社会」なる言葉も出現し、生活現場における
歪みが出てきたが、安倍氏は「再チャレンジが可能な社会へ」ということに力を入れて
いる。

巷には、「おぼっちゃん」「プリンス」「若すぎる」という批評もあるが、この本を読めば、
そういう評価は誤りで、国を背負うにふさわしい志と気概を持った政治家であることが
わかるだろう。

岸信介の孫ということで、日米安保条約をめぐって自分の祖父がデモ隊に囲まれた
のを幼い時分に目の当たりにした。また、神戸製鋼でサラリーマンの経験もあり、
その後、安倍晋太郎の秘書としてさまざまな政治の現場に立ち会っている。
外遊経験も豊富である。それに、これだけの内容を、一般人にもわかりやすく
理路整然と書く人である。頭もいいに違いない。

これだけの人を、単に「小泉の後継者」と言ってしまってはご本人に失礼だろう。

この本の中には、五人の拉致被害者奪還のプロセスも少しばかり書かれている。
日米関係のあり方、日中関係のあり方、少子化、年金、教育、ナショナリズム
などに関する見解が述べられている。次の総理になる人がそれらについて
どう考えているか、政治に関心のある人ならば誰もが知りたいことだろう。
それらについて、個人的な愛憎からではなく、政治の現場の経験を踏まえて
極めて理性的に書かれている。

政治家にも大きく分けて二通りいるだろう。
一つは、個人の功名心や政治的怨恨を原動力に動く人。
自民党脱党以来、常に「自民党憎し」の一念で動いている小沢某などはこれではないか。
もう一つは、前者とは逆に、たとえ我が身と引き換えにしても国を守ろうとする人。
デモ隊と闘った岸信介や安倍氏などがこれではないだろうか。

私はこの本を読んで、安倍晋三という人が、これからの日本の姿を明確にビジョンとして
描いていることを確信した。自民党総裁選に関心のある人、また、これからの日本政治
に関心のある人はぜひ一度手にとって読んでみてほしいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年8月 9日 (水)

「禅」を知る~TV Bros.

TVブロスというマニアックなTV雑誌があるのだが、禅に関する特集記事が
少しだけ載っていた。

私はもう今ではものすごい生臭おやじになってしまったが、
小学生ぐらいの時から禅寺に憧れていて、こういう記事を見ると即座に反応する。
きっと前世では修行僧か何かだったんだろうと勝手に思っている。

さて、その記事の中から抜粋。

私たちは「きれい・汚い」、「縁起がいい・悪い」などと、すぐに線を引きたがる。
でも、その線は私たち一人一人の心の働きで勝手に引いているもの。
でも、私たちは線を引かずには生きていけなくなっている。その線が
知らず知らずのうちに増え、やがて真っ黒に塗りつぶされた面になり、何も
見えなくなってしまう。でもその線を一本ずつ取り払っていけば、「人間の損得
勘定の一切通用しない大自然の大きな生命の営みの中で生かされている」
という真実が見えるようになる。それが見えず、自分のちっぽけな世界を
損得勘定だけで生きているから、幼稚で主体性のない大人が増えるんです。

(TV Bros.8/5~8/18号 p11より)

まさに至言。いのちの言葉とは、こういう言葉を言うのだろう。
インチキ宗教は「ご利益」を言うけれども、このことを知っていれば引っかかることもない。
さらに言えば、本当の宗教とは道徳(善/悪)をすら超越した地平にあるということだ。

が、その線をすべて取り払ったときに見えてくる世界はどういうものなのだろう?
そして、それができた人は、どういう生き方をするようになるのだろう?
凡夫である私はそれを知りたいと思うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

夏休みは徹底して遊ぶべし

サンデー毎日の「暮らしの哲学」に、池田晶子さんが夏休みのことについて
書いておられたので、私も書きたい。

私が言いたいのは、早い話が「夏休みは徹底して遊べ!」ということである。

この暑い季節、勉強するなんて言っても、そうそう頭の回転が良くなるはずがない。
夏休みに頭に汗かいて勉強するのは高校生ぐらいになってからでよい。
中学生ぐらいまでは徹底して遊ぶべきだと思う。

なぜなら、夏ほど生命が輝いている季節はないからだ。
そんな季節に部屋に閉じこもって勉強してるなんてもったいない。
そんなことをしてたら、普通は頭がおかしくなるだろう。

あの田原本町の放火少年も、缶詰になって勉強させられていたらしいが、
それでは頭が狂って当然だ。本当に気の毒だと思う。

私が親に感謝したいのは、小・中学生時代、他の子どもはやれ塾の夏期講習
だの合宿だのということで、とにかく他人を出し抜こうとしていたけれども、
我が親は自由にさせてくれたことだ。私はほとんど毎日のように、プールに
泳ぎに行っていた。

おかげで2学期の成績はあまりよくなかったけれども、夏という季節の持つ
エネルギーに十分に触れることができた。

人間としての健全な感性を身につけるためにも、夏休みは徹底して遊ぶべし、
と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

『9.11テロ捏造』ベンジャミン・フルフォード著(徳間書店)

副題が「日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ」。
この一見荒唐無稽に思えるタイトルに引かれて、一気に読んだ。

いやはや何とも恐ろしい。
真夏にふさわしく、背筋が寒くなるようで、下手な怪談よりよほど涼しくなる。

9.11はアメリカの自作自演であるという説はにわかには信じがたく聞こえるが、
これまでのアメリカの暗黒の歴史を持ち出されれば、あながち嘘だろうとも
思えなくなる。

たとえば、大東亜戦争の発端となった真珠湾攻撃も、アメリカがわざと
いらなくなったボロ艦船をあの辺に集結させておいて、日本を誘い出し、
開戦の口実を与えたのだということは周知の事実であるし、そのことは
悪党党の党首である浜田幸一先生も先日「TVタックル」で述べていた。

また、広島・長崎への原爆投下も、日本が降伏の意思を固めていたにもかかわらず、
人体実験のために行われたものだというのも知られている。

9.11とからめて、何の関係もないイラクが「テロとの戦い」の大義名分のもとに
攻撃されたということに釈然としないものを感じた人は多いだろう。しかもそのとき、
ブッシュ大統領はこともあろうに、9.11を真珠湾攻撃になぞらえ、イラクを「民主化」
することを、戦後の日本の「民主化」になぞらえたのだった。

アメリカ人の指導者の脳みそはそれほど粗雑にできている。
小泉首相はブッシュとの個人的な友好関係を誇っているが、もしかしてそれは
消されるのが怖いからではないのだろうか?

実際、アメリカに頼らない、独自のエネルギー補給経路を模索した田中角栄は
ロッキード事件で政治生命を絶たれたし、日本の経済危機時に「アメリカの国債を
売ってしまいたい気持ちになる」と言ってしまった橋本元総理は、ひっそりと亡くなった。

ブッシュとビンラディン一族がつき合いがあったということ、イラク戦争に石油業界や
軍需産業の利権が関わっているという証拠なども、この本には詳しく書かれている。

多くの関係者が不審死を遂げたこの一連の「テロ」騒動で、本人も消されるかもしれない
のに、詳しく取材を続け、本を出版した筆者の勇気は言論人として賞賛に値する。
また、単にアメリカ政府を批判するだけではなくて、どうすればいいのかという方向性を
きちんと表明しているということにも好感が持てる。

それにしても、この夏涼しくなるためには怪談などいらない。
この本が十分に怖い本です。
この本は一体、俗に言う「トンデモ本」なのか、それとも……。
私の思うところ、あながちデタラメではない気がする。
多くの人に読んでもらい、いろいろと感想を聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »