« 『美しい国へ』安倍晋三著(文春新書) | トップページ | 『週刊ポスト』が「あいのり」を告発 »

2006年8月13日 (日)

和装ノススメ

先日、夏祭りの折りに、甚平に下駄といういでたちで出かけてみた。
そしたら、これがものすごく涼しいのだ。

袖口から脇にかけて大きく開いているので、そこから風がすーっと
入って通り抜ける。風が撫でていくようで、とても心地よい。
この時期普段はTシャツ1枚で外出することが多いのだが、Tシャツだと
汗が張り付いて着心地が悪かったりするのに、甚平では全くそういうことが
なく、肌触りもさらっとしていた。

おまけに、足も下駄だから通気性が良く、蒸れるということがない。

和装というのは、日本の夏の高温多湿を考慮してよく工夫された装いなんだ
と実感した。

もしみんなが洋装をやめて和装にしたら、冷房に費やすエネルギーも、
ずいぶんと節約できるんではなかろうか。下駄履きだと水虫になることも
ないだろうし。

ちょうど「クールビズ」のかけ声もあることだし、そんなみみっちいこと言ってないで、
いっそ「和装ノススメ」を説いたらどうだろう。

|

« 『美しい国へ』安倍晋三著(文春新書) | トップページ | 『週刊ポスト』が「あいのり」を告発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/11412802

この記事へのトラックバック一覧です: 和装ノススメ:

« 『美しい国へ』安倍晋三著(文春新書) | トップページ | 『週刊ポスト』が「あいのり」を告発 »