« 慰霊の季節に思う | トップページ | 『外交敗北』重村智計著(講談社) »

2006年8月18日 (金)

たけしの誰でもピカソ 数学篇

テレビ東京系「たけしの誰でもピカソ」が、またまたおもしろい企画の番組を
やってくれました。ゲストは数学伝道師の桜井進氏。

まずは数字を使った簡単なマジックに始まり、要領のよい計算法へ。
東工大の論理学の名物教授、藁谷敏晴氏の紹介。
ネイピア数、オイラーの公式など。

藁谷氏のように、文字通り寝食を忘れて論理学の研究にいそしんでいる人が
日本にいるということは感動ものだった。

このへんになると、もうついて行けないが、ネイピア数は富士山の傾斜とか、
アンモナイトの渦、さらには銀河系の渦にもかかわりがあるとか。
宇宙はなんと均整が取れていて、またなんと美しいものなのだろうか。

この神秘に触れて、人は思わず頭を垂れずにはいられないのではないだろうか。

|

« 慰霊の季節に思う | トップページ | 『外交敗北』重村智計著(講談社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/11499985

この記事へのトラックバック一覧です: たけしの誰でもピカソ 数学篇:

« 慰霊の季節に思う | トップページ | 『外交敗北』重村智計著(講談社) »