« 高槻でライブ | トップページ | 首藤奈知子アナウンサー »

2006年9月29日 (金)

昼のドラマ『美しい罠』

昼のドラマ『美しい罠』が最終回だった。
最初は、なんとなく見始めたが、見るうちにどんどん引き込まれて
行った。途中で飽きさせることがない、とてもよいドラマだったと思う。

途中に巧みな伏線が張り巡らされていて、最後まで見終わって、
なるほどと分かったこともある。とりわけ、ドラマ冒頭の、類子の帽子が
風で飛ばされるシーンが、最終回のそれと見事にぴったりと重なり、
脚本家のすばらしさを垣間見ることができた。

最後の最後まで、どうなることかとハラハラする展開だったが、
二人が逃げた渓谷での再会がラストシーン→番組主題歌で終わり、
ということで、まさに昼メロの王道を行く最終回。文字通り血みどろの
展開とは裏腹に、すがすがしささえも感じた。じつによく作り込まれた
ドラマだと思う。

役者陣の熱演も光っていた。
類子を演じる櫻井淳子をはじめ、沢木槐を演じる高杉瑞穂はもちろん、
不破恒大を演じる麿赤兒やレイさんを演じる剣幸が、まるでヨーロッパの
演劇かオペラのような、異色な味わいを加えていた。

人間の醜さと美しさを余すところなく描き出していたと思うけれども、
私が特に感じたのは、修羅場における人間のつよさというものである。
類子は最後まですべて自分の仕業だと嘘をつき、けっして他人に責任を
転嫁しようとしなかった。澪はそれに打たれ類子を許す気持ちになった。

自分を守るための嘘は醜いが、相手を守るために嘘をつかざるをえない
場面もあるということ、そしてそれができるのは孤独に耐えられるつよさを
持った人間であるということを、壮大な仕掛け=舞台設定を通して知った気がする。

ドロドロの愛憎劇、流血シーンはあったけれども、それも大人のための設定という
ことで・・・。

最後まで楽しませ、魅せてくれた出演者やスタッフに、心からカーテンコールの
拍手をしたい気持ちである。

|

« 高槻でライブ | トップページ | 首藤奈知子アナウンサー »

コメント

今までにない爽やかな展開に、消化不良にもならず最後まで頂けました。
昼ドラ特有のコッテリとしたものではなく、フルコースながら爽やかな後味、味付けも飽きることなく良かったですね。

投稿: kasaru_2005 | 2006年9月29日 (金) 22:10

>kasaru_2005様
kasaru_2005さんもご覧になってましたか!(^^)
「フルコースながら爽やかな後味」、まさにおっしゃる通りでしたね! 

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2006年9月30日 (土) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/12084186

この記事へのトラックバック一覧です: 昼のドラマ『美しい罠』:

» ping送信って? [ライブドアブログアフィリエイト成功道]
美しい罠」とうとう、終わってしまいましたぁ(涙) あ〜でも、希望通りハッピーエンドでよかったです。 【高杉瑞穂さんミニ情報】あり [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 20:31

« 高槻でライブ | トップページ | 首藤奈知子アナウンサー »