« パーカーとヴァレーズ | トップページ | 今月の『JAZZ LIFE』 »

2006年10月25日 (水)

練習日記

河川敷で練習。
この季節はちょうどよい気候だが、夕方になって日が沈むと
急に寒くなるので注意が必要。

スケール、オーバートーンなどのウォームアップの後、
基本に戻って「枯葉」やブルースなどを練習。
初心者に教えるときは、ワンスケールでもできると
教えるこの曲たちだが、もう中級者なのだから、
コードチェンジのおいしい音とか、テンションのおいしい音なんかを
聴かせたいものだ。

簡単な曲をどれぐらい丁寧に歌いこめるかが勝負だと思う。
上級になればなるほど、基本が大事だと思い知るのであった。

|

« パーカーとヴァレーズ | トップページ | 今月の『JAZZ LIFE』 »

コメント

何ごともそうですね。

基礎ができていないと 姉歯建築状態になってしまいます。

毎日の基礎の積み重ねに始めて完成するものに

自分も 誰かも 感動するのだと思います。

基礎をきっちりですね。。。承りました。

投稿: kasaru_2005 | 2006年11月 2日 (木) 10:34

>kasaru2005さま
そうなんです。

「3ヶ月で出来た音は3ヶ月の音がする。3年で出来た音は3年の音がする」というのは穐吉敏子さんの言葉だそうです。

「練習は自分を裏切らない」。これは私の師匠の言葉です。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2006年11月 3日 (金) 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/12427991

この記事へのトラックバック一覧です: 練習日記:

« パーカーとヴァレーズ | トップページ | 今月の『JAZZ LIFE』 »