« 練習日記 | トップページ | 『性と暴力のアメリカ』鈴木透著(中公新書) »

2006年11月14日 (火)

Bbの運指

1時間半ほど練習。
リードを替えた。新しいリードはやっぱりハリのある音がする。
音だけだとコルトレーンみたい、と自分で思ったりした。
(あくまで音だけ。)
ビッグバンドの譜面をさらった。
そこで課題だったのがBbの運指。
ある人のサイトによると、
○基本はbisキーで、右手サイドキーはあくまで補助的な運指
というようなことが書いてあった。
それで、私もなるべくbisキーを多用するようにしていた。

ところが、やはりBb付近のクロマチックな動きは右手サイドキーを
使わないと、なかなか難しいとわかった。それをつかわないと、
うまいことフレージングできないという音型が出てきたからだ。

実は学校で習った先生も、二人とも、第一運指は右手サイドキーだと
教えられた。たしかに右手サイドキーは、ハーフステップ、ホールステップ、
上行、下行、どちらでも対応できる。

「右手サイドキーは空気柱に途中で穴を開けることになるので不安定」という
先入観があったので、実は右手サイドキーの運指をおろそかにしていたのだが、
やっぱりちゃんと練習する必要がありそうだ。

では、音抜けはどうなのか。
先述のサイトだと、bisキー使用が一番安定しているというようなことが書いて
あった記憶があるけれども、それは正しいだろう。しかし、逆に、右手サイドキー
の運指が不安定かというと、そうでもなさそうだ。

昔習った先生は、右手人差し指(中指)の運指(第三運指)しか使わない
と言っておられて、実際に音を聞いてみると、その音だけが抜けが良かった。
それは、その運指しか使わないので、楽器がそういう風になっちゃっているからなのだろう。

学校の二人の先生は、この第三運指はまったくすすめなかった。
音抜けがあまりよくないからだそうだ。実際、先生の音を聞くと、こもったような音が
していた。

結局、右手サイドキーを第一運指として、場合に応じていろいろな運指を使い分ける
ことができるに越したことはなさそうだ。

|

« 練習日記 | トップページ | 『性と暴力のアメリカ』鈴木透著(中公新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/12685860

この記事へのトラックバック一覧です: Bbの運指:

« 練習日記 | トップページ | 『性と暴力のアメリカ』鈴木透著(中公新書) »