« 練習日記 | トップページ | 練習日記 »

2006年11月11日 (土)

今月の『JAZZ LIFE』

久しぶりに『ジャズライフ』を立ち読みしたら、サックスの特集があって、
いろんな楽器を紹介してた。ま、「自分にとっての最高の楽器は、自分が
今使っている楽器」という格言(?)もあるし、車と同じで愛着のある物を
長く使いたいたちなので、「へぇ~、最近はこんな楽器が出てるんだ」という
感じ。まあ、紹介しているプレイヤーたちも楽器メーカーからお金もらってる
に違いないし。(笑)

役に立ったのは、ヤマハのサックスとラーセンのメタルマウスピースが相性が
いいらしい、ということ。今のセッティングで全く問題ないのだが、ラーセンも
今度楽器屋に行ったときに試してみようかという感じ。

あと、セルマーのシリーズ3は、最初ジャズ系のプレイヤーには不評だったらしいが、
スターシングシルバーは、ナベサダさんや伊東たけしさんが使っているらしく、
やっぱり材質によってかなり鳴り方が違うのかなあ、と思った。ナベサダさんは
オールドにこだわりがなく、「現代の音は現代の楽器で」という考え方らしい。

サックスの世界ではまだまだオールド信仰というのが強いようだが、いろんなメーカーが
個性的な楽器をどんどん研究して作っているんだなと感じた。

|

« 練習日記 | トップページ | 練習日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/12643747

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の『JAZZ LIFE』:

« 練習日記 | トップページ | 練習日記 »