« 『芋たこなんきん』に見る死への恐れ | トップページ | 新年の辞 »

2006年12月29日 (金)

2006 クリスマスの約束

今年も恒例の小田和正さんの「クリスマスの約束」を見た。
今年のテーマは、「メッセージ」「伝える」ということらしい。

小田さんは、いきものがかり、スキマスイッチ、松たか子、斉藤哲夫らと
コラボレーション。どんな曲を歌っても、小田色に染めてみせるのはさすが。

中でもとてもよかったのは、尾崎豊の「I LOVE YOU」。
小田さんのピアノ弾き語りは、原曲よりもやや複雑なハーモニーが付けられて
いて、みごとに自分の歌として歌いこんでいた。ほんとに、さすがです。

それと、今年の春、いきものがかりの「SAKURA」をTVのCMで聴いた時、
耳が釘付けになったというのも、とてもうれしかった。私もこの曲を
聴いたとたん、釘付けになったので。小田さんと感性のツボが似ているというのが
とてもうれしかった。

それにしても、最近の若いミュージシャンは実に堂々としている。
プロ根性を感じさせます。また、小田さんも最近ではKAT-TUNに曲を書いたりして、
ますます若返っているような感じがする。やはり、いい意味での助平根性=好奇心
の旺盛な方なんだろう。

私自身はここんとこインストをやることがおおいけれども、やっぱり私の原点は
オフコースであり、小田さんの音楽であると再確認した。やっぱり「うた」はいい。
伝わってくるものがある。人の真似ではなく、自分の「うた」を歌えばいい。
それは、楽器を吹く・弾く時でも同じだ。そんなことをとても強く思ったのだった。

|

« 『芋たこなんきん』に見る死への恐れ | トップページ | 新年の辞 »

コメント

いろいろな音楽を聴いたり、演奏したり・・・長くやっていると多くの角度から影響があって、自分自身が本当に表現したいものがわからなくなったりしますよね。 原点・・・。
そう私はやっぱりポールマッカートニーです。 あの屈託のなさが最高です!

投稿: REーBorn inc. | 2006年12月29日 (金) 21:28

>RE-Born inc.様
そうなんです…。(苦笑)
ポールマッカートニーも才気あふれる人ですね。
私も中学生の頃、ビートルズにはまりました。
もちろん今でも好きです。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2006年12月29日 (金) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/13253596

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 クリスマスの約束:

» 小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
私は2003年で「クリスマスの約束」は完結したと思っていました。 2004年は「風のようにうたが流れていた」の総集編でしたし、2005年は「大好きな君に」の「クリスマスの約束バージョン」、いわばアンコール的な感覚でした。 でも、今年の「クリスマスの約束」は、「メッ....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 12:19

« 『芋たこなんきん』に見る死への恐れ | トップページ | 新年の辞 »