« 2006 クリスマスの約束 | トップページ | いのちは連綿と紡がれる »

2007年1月 6日 (土)

新年の辞

あけましておめでとうございます。
元日の「産経抄」によれば、この挨拶はもともと年神様に対するもの
だったようです。それが、人と人との間でも使われるようになったとか。


さて、個人の日記・備忘録として始めたこのブログも、随分長い間続いたものです。
その間に、ココログにアクセス解析も導入され、毎日何人かの方が、
北は北海道から南は沖縄まで、読みに来ていらっしゃることがわかりました。
ありがとうございます。


このブログは特別に何かの議論を目指しているわけでもなければ、
アクセス数の増加や、ましてやランク入りを目指しているわけでもございませぬ。
ただ、地味~に、日々感じ、考えたことを今後とも書きつづっていく予定です。
しかし、「本音でなければブログではない」という言葉もあります。
人それぞれさまざまな考え方があるのは当然ですから、その中で、頷いたり、
あるいは首を振ったり、それぞれに考える材料としてくださればこれ幸いと考えて
おります。


リアルなコミュニケーションの補助手段としての交流は、mixiの方にだいぶ移行して、
このブログの更新も以前ほど頻繁ではなくなってきておりますが、
このブログはオープンコミュニケーションの場として、検索で引っかかった方、
通りすがりの方、毎日のように来て下さる方、等々、いろいろな人の心に
何か引っかかるものがあれば幸いです。


では平成19年もよき年となりますように。

|

« 2006 クリスマスの約束 | トップページ | いのちは連綿と紡がれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/13355670

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の辞:

« 2006 クリスマスの約束 | トップページ | いのちは連綿と紡がれる »