« 池田晶子さんの逝去に際し | トップページ | 『君自身に還れ』池田晶子・大峯顕(本願寺出版社) »

2007年3月 9日 (金)

春。

春の夕暮れ。
外に出てみると、ほのかな花の匂いと、夕餉の匂い。
空は、まだほの明るい。
春になるといつも、生と死、いのちの循環を想起する。
それまで冷たかった土に生命が萌え出づる、はじまりの季節だからだろうか。
自分が生まれた季節だからだろうか。
生々流転の循環の外にある、永遠を垣間見る気がするのだ。

|

« 池田晶子さんの逝去に際し | トップページ | 『君自身に還れ』池田晶子・大峯顕(本願寺出版社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/14204152

この記事へのトラックバック一覧です: 春。:

« 池田晶子さんの逝去に際し | トップページ | 『君自身に還れ』池田晶子・大峯顕(本願寺出版社) »