« コミュニケーションの必要性 | トップページ | 鯨肉を食す »

2007年3月31日 (土)

NHKドラマ『グッジョブ』

5日連続のNHK『グッジョブ』はなかなかいいドラマだった。
5人のOLと男性社員たちの織りなすお話。

私は会社員ではないので、サラリーマンの世界って大変だなあ、
と思いつつ見ていたが、いろんな問題が起こり、それを日々解決していく
さまは、とてもすがすがしかった。

恋愛模様も少しずつ織り込みながらも、主として会社員の心得みたいな
ものが随所に語られていたように思うが、さすがはNHK、うまい見せ方を
しているなあと感心した。

私がこのドラマで学んだことは、やはりコミュニケーションの大切さと、
協力の大切さということだった。

会社のみならず、世の中にはいろんな個性を持つ人がいる。
そういう人がうまい具合にかみ合って、世の中が成り立っている。

最近の「成果主義」というものが行き過ぎると、そうやって成り立って
いるものがガラガラと崩壊していくのではないかという気がしてならない。
自分の成果というものにこだわりすぎると、組織の中での技術やノウハウの
伝達が行われなくなってしまう。これまでの「日本的なもの」が醸成してきた
良きものを失ってはならない、と強く感じた。

|

« コミュニケーションの必要性 | トップページ | 鯨肉を食す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/14467762

この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ『グッジョブ』:

« コミュニケーションの必要性 | トップページ | 鯨肉を食す »