« NHKドラマ『グッジョブ』 | トップページ | ライブ反省・感想 »

2007年3月31日 (土)

鯨肉を食す

昨日の夕餉は鯨肉のお造りだった。
スーパーで半額になっていたので買った。
内容は、赤身のお造りと、鯨ベーコン、コロの3種類がパックになって、
397円。

鯨は昔小学校の給食でよく竜田揚げになって出ていたが、
最近はあまり見かけない。
鯨は臭くて固い、という印象があったが、昨日食べたお造りは、
柔らかくてとてもおいしかった。赤身はマグロと馬刺しの中間みたいな
感じ。鯨ベーコンやコロも、今までに味わったことのない食感で、
とても美味。

日本人は昔から、鯨をいただく習慣があった。
それが、欧米の干渉によって商業捕鯨ができなくなっている。
中にはグリンピースのようにテロまがいの攻撃を調査捕鯨船に仕掛けてくる
者たちもいる。

欧米人たちはただ食べるためだけに牛を肥育し、その結果BSEが起こったり
しているのに、なぜ鯨だけを「保護」しようとするのか、まったく理屈が通っていない。
日本がアメリカの要求に従って開国せざるを得なかったのも、アメリカの捕鯨船の
寄港地とするためという、全く身勝手な理由だった。

アメリカ人が、鯨の脂を取った後は捨てていたのと対照的に、日本人は食べられる
部分は食べ、髭などの部分も日用品として使っていた。そして、「鯨塚」なるものを
作り、鯨に感謝して供養していたのだ。

先日は湾に迷い込んだ鯨を外に逃がしてやる過程で、死者が出るという悲劇も
起こった。

今や日本人は、食べるものまでアメリカの言いなりになっているのだ。
これが文化への干渉でなくしてなんであろうか!

アメリカだけが外国ではない。
世界の捕鯨国と協力して、捕鯨文化を復活させるべきだろう。

|

« NHKドラマ『グッジョブ』 | トップページ | ライブ反省・感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/14469241

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨肉を食す:

« NHKドラマ『グッジョブ』 | トップページ | ライブ反省・感想 »