« 結婚式二次会での演奏 | トップページ | 『人生のほんとう』池田晶子著(トランスビュー) »

2007年4月 2日 (月)

NHK朝ドラ『芋たこなんきん』終了

NHKの朝ドラ『芋たこなんきん』が終了した。
古き良き昭和の薫りのする、とてもよいドラマだったと思う。
1週間単位でエピソードが完結するという展開もよかったし、
全体としてもとてもよく構成された脚本だったように思う。
ストーリーの展開も、文句の付けようがなく、すぐれた脚本家によって
よく練られた本だったのだなあ、と思った。

また、役者さんたちはベテラン陣がメインのキャストを務め、
しかも関西弁のお芝居なので関西圏出身の役者さんを揃えるという
ことも、安心して見ていられることの要因だった。

途中、健次郎が前妻の死に落ち込んでいる時、
住職が「死は残された人への罰ではない。
人は必ず死ぬということを教えてくれているのだ」
というようなことを語る場面があった。
単なる生命礼賛ではない、ひと味もふた味も違う宗教性が見られ、
朝ドラもなかなかやるじゃないかと感動した。
ちなみに、この住職は浄土真宗の住職と思われるが
(健次郎やその前妻に「釈(尼)○○」という法名が付けられていたことから
そのことがわかる)、田辺聖子の原案がそうなのか、脚本がそうなのかは
わからないけれども、きわめて真宗の教えにのっとった台詞であり、
その点でも本の確かさ・精密さということが窺われた。

物語の終わりをあえて健次郎の死ということで締めくくったのも、
そういったことを印象づける狙いがあったのではないかと思うのは
うがちすぎだろうか。

さて、もうすでに次の朝ドラが始まっている。
主役も若い女の子で、ストーリーもその子が苦労しながら成長していく
という従来の路線なので、そこにスッと入っていけるかどうか。

それよりも、ドラマを見る前からすでに、
小田和正の歌う主題歌でじ~んときてしまったのだった。

|

« 結婚式二次会での演奏 | トップページ | 『人生のほんとう』池田晶子著(トランスビュー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/14497501

この記事へのトラックバック一覧です: NHK朝ドラ『芋たこなんきん』終了:

« 結婚式二次会での演奏 | トップページ | 『人生のほんとう』池田晶子著(トランスビュー) »