« 「国立大学費に格差」(産経夕刊) | トップページ | 思ひ出 »

2007年5月27日 (日)

言葉の持つ力~「たかじんのそこまで言って委員会」より

関西ローカル番組「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうり)が面白い。
バラエティ形式で時事問題についてあーだこーだと言い合う番組だが、
さすが関西の番組らしく、肩の力を抜いて見られるのがいいし、見終わった
後がとてもすがすがしい。(他局「朝○」などに見られる険悪でいや~な感じは
微塵もない。)

今週は、
山口県光市母子殺人事件
愛知県立てこもり事件
北京オリンピック
などがテーマだった。

最後に論じられたのが、言葉の言い換えについて。
セックスをエッチと言い換えたり、少女売春をエンコーと言い換えたり、
借金をキャッシングと言い換えたりすることが、
その行為の意味を軽くしているのではないか、ということだった。

同感である。
とりわけ、セックス→エッチの言い換えについてとりあげてくれたことを評価したい。
「性行為」の意味として「Hする」という動詞が使われ始めたのは、
『セーラー服を脱がさないで』(秋元康作詞)で、「友達より早く Hをしたいけど」
と歌われたのが始まりではないだろうか。それ以前には、「Hな人」というように、
形容詞として使われてはいたが、動詞として使われてはいなかったと思う。
それまでは、若者の間では「A、B、C、D」が隠語として使われていた。

「H」とはもともとhentai(変態)の頭文字をとったものであり、(大辞泉、大辞林などによる)
愛とか信頼関係に基づいた交わりにはいささか不似合いだと思う。
「セックス」(まあこれも外来語だが)、「交合」「秘め事」「合体」など、
他に言い換えられないだろうか。

他に面白かったのは、ネット上では「できちゃった婚」を「ズッコンバッ婚」とする
言い換えが提案されているらしいこと。

パネリストの提案で面白かったのが、
セレブ→成金(宮崎哲弥氏)
セレブ→人間ニセブランド(安藤和津氏)
プチ整形→小細工整形(同)
不倫→姦通(三宅久之氏)
セクハラ→主観的男女格差別(森本敏氏)
など。どれも本質をとらえていて面白い。

わが国は「言霊のさきはう国」というが、マスコミが主導する言葉の「すりかえ」は
最近目に余るものがある。そういった言葉が知らぬ間に刷り込まれ、
人間精神を蝕んでいっているのではないだろうか。

|

« 「国立大学費に格差」(産経夕刊) | トップページ | 思ひ出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/15220058

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の持つ力~「たかじんのそこまで言って委員会」より:

» さあみんなで抗議活動しよう。 [ミーハー日記]
いま「たかじんのそこまで言って委員会」見てるんだけど 光市母子殺人事件の被告弁護 [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 06:54

» ブートキャンプダイエット [ブートキャンプダイエット-ビリー・ブランクスの軍隊式ダイエット-ビリーズ・ブートキャンプ]
[続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 00:18

« 「国立大学費に格差」(産経夕刊) | トップページ | 思ひ出 »