« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

参院選は祭り無き現代日本の「祝祭空間」か?

参院選が公示されてから投票日の今日まで、
この17日間の世間の様子を眺めていて、はたと私は気づいた。

これは何か? これは「選挙戦」というよりも「選挙祭り」ではないか?

かつての村落共同体では、「祭り」があった。
村人みんなが参加して日ごろたまっている喜びや鬱憤を爆発させる。
そこでは歌や踊りのみならず、「闘い」もある。
巨大な綱引きや、裸でぶつかりあい、宝を奪い合う行為や、海外では
トマトやオレンジを投げ合ったり……と、枚挙にいとまがない。

現代では、村落共同体や地域共同体も崩壊し、個人個人のライフスタイルも
千差万別になった。老若男女一緒になって盛り上がれる祭りも少なくなっている。

そんな現代日本人が、北は北海道から南は沖縄まで、関心を一つにし、
一緒になって盛り上がる絶好の機会が、この参院選なのではないか。

それが証拠に、テレビの番組欄を見ればよい。
これはすでに「報道番組」ではない。(NHKは別として)出演者の名前からして
これはもう、れっきとしたエンタテイメント番組である。

そう、これは日本人の祭りだったのだ! 老若男女、住んでいる地域を問わず、
選挙という一つのことに、日本全国民が関心を一つにし、その闘いに一喜一憂する、
巨大な祭りだったのだ!

ちなみに、文化人類学者の栗本慎一郎氏の本で読んだが、
ある部族には祭りの時に、それまでに蓄積した財貨を燃やしたり破壊したりする
「ポトラッチ」という行為があるそうだ。

2年前の「郵政解散総選挙」でも、支持されたのは小泉氏の「郵便局破壊」で
あった。

さて、今回はどうなるのだろう。
国民は「破壊王・小沢一郎」の「日本破壊」を選ぶのか。
それとも、安倍首相の「社会保険庁解体」という前向きな破壊を選ぶのか。
日常に退屈している大衆は、前者により大きな鬱憤晴らしを求めているように
見えてならないのだが、そうなった場合、損害を被るのもまた自身である。
私の心配が杞憂に終わればよいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがは産経だ

参院選投票日の今朝、産経朝刊の「主張」を見て、
我が意を得たりとばかりに膝を打った。

マスコミは今回の参院選を年金選挙・スキャンダル選挙と
位置づけ、日本政治をまたぞろ混迷の淵に落とそうとしている。

十数年前、マスコミの作り上げた「政治改革」騒動によって、
「失われた10年」が始まったことを忘れてはならない。

政権交代を主張する小沢一郎は、もともと自民党田中派という
もっとも金権腐敗の激しい派閥にいた人間である。そして、
北朝鮮詣でをした金丸信という国賊級の人間の腹心の部下でもあった。

そういう人間が「生活が第一」なんて、ちゃんちゃらおかしい。
あの顔は典型的な嘘つき、ペテン師の顔だ。

北朝鮮の機関誌は、安倍政権を口汚くののしっている。
ジャーナリスト櫻井よしこさんによれば、「安倍政権は北が唯一恐れた
日本の政権」なのだ。

民主党は国会審議においても、審議拒否などを続けてきた。
是々非々ではなく、昔の社会党のように何でも反対党になっているのだ。

また、民主党の支持母体には今問題になっている自治労がおり、
社会保険庁の改革を拒絶するに違いない。

もちろん、今の安倍政権すべてが良いとは考えない。
宗教政党(公明党)との連立という形もそうであるし、
対米追従をどうするのかという問題もある。
民主党の中にも、安全保障などについての考え方のしっかりした人はいる。

しかし、オレオレ主義者である小沢一郎をほくそ笑ませるような投票行動
だけは慎みたい。彼は「政治家」ではなくただの「選挙屋」に過ぎないからだ。

自主憲法制定などの「国の形」づくりから目をそらし、自分のシナリオ通りに
運ぼうと画策するマスコミを、国民の良識ある投票行動でギャフンと言わせたい。
あんたらに騙されるほど日本国民は愚かではない、ということを見せてやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

夏休み

今年の夏は過ごしやすい。
朝起きると、シャアシャアというクマゼミの蝉時雨がにぎやかだが、
窓を開けると涼しい風がさあっと入ってくる。
そう言えば、昔の夏は、こんなんだったよな、と思い出す。

今は子供部屋にもエアコンがあるというのが普通になっているのだろうが、
昔はエアコン(クーラー)なんてなかった。
だから、宿題は朝の涼しいうちに済ませて、昼からはプールに泳ぎに行く
というのが夏休みの日課だった。そういうリズムのある生活が可能な時代
だった。

今も私の部屋にエアコンはない。
昔と変わったことと言えば、このパソコンが熱を発するということだが、
すごしやすい夏のおかげで今年も設置せずに済みそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

人は、されたようにしかできないのか

相方に対して腹を立てることがある。
そのときの怒り方が、かつて子供の頃に母が私を怒った口調にとてもよく
似ていると気づくことがある。そういう口調が、潜在意識の中に残っているのだろうか。

児童虐待など、子供に対して暴力を振るう親は、自身が子供の頃に親から
暴力を振るわれていたというケースが多いらしい。そういう連鎖は続いていく
ものなのだろう。

「人は、自分が愛されたようにしか愛せない」という言葉を聞いたことがある。
子供の頃、無条件の親の愛を満身にうけたなら、その人は大人になって
同じように人を愛することができるのではないだろうか。
逆に、親の気まぐれで愛されたり愛されなかったり、感情のはけ口にされたり
した子供は、親をはじめ他人に対して信頼することができず、自身もまた
知らず知らずの間に他人に対して同じように接してしまうことが多いのでは
ないだろうか。

しかし、そのメカニズムに気づいたときはチャンスである。
感情の負の連鎖というのは、断たなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ラジオ 「あ、安部礼司」

TOKYO-FM系列のラジオドラマ「あ、安部礼司」が面白い。
日曜日17時からの放送なので、ビッグバンドの練習に行く
車中で時々聴いている。

「AVANTI」のコントの部分を拡大したような軽妙なテイストに加え、
ある世代の人間にとってはとても胸キュンな選曲が絶妙。
声色だけで演じるラジオドラマはとても難度の高い演技だと思うが、
役者さん(声優)のクオリティもとても高い。
最近は、映画の吹き替えやアニメにも声優とは言えない素人のタレントの
進出が進んでいるが、プロ声優の実力を見せつけてくれる。

日産の提供だが、私にとっては大学時代に聴いていた
「ニッサンやんぐひぽぽたます」(キッチュ=松尾貴史)以来の
ヒットである。日産というスポンサーは、もしかするとラジオの魅力を
知り尽くしているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「痛みの科学」(NHK教育 サイエンス・ゼロ)

今日のサイエンス・ゼロは「痛みの科学」だった。
通常の人にモルヒネを投与すると、ドーパミンの分泌量が2倍以上になり、
麻薬中毒(依存症)になってしまうが、もともと痛みのある人に投与しても
ドーパミンの分泌はそれほど増えず、痛みはなくなるが依存症にはならない、
という脳の受容体の不思議なメカニズムについて解説していた。

ある乳ガン患者の、モルヒネ投与によって痛みもなくなり、
病気自体も良くなっているという例も示された。

日本人は「耐えて忍ぶのが美徳」という精神性を持っているが、
こういったQOLの向上のための研究がもっとさかんになってほしい、
と願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK 新マチベン

NHK「新マチベン」がとてもいい。
渡哲也、石坂浩二、地井武男が、それぞれ個性ある弁護士を演じている。
このドラマを見ていると、 弁護士という業務はとても人間くさいものなんだな
と思う。単に法律に詳しいだけではなく、人間に対する洞察力がないと
つとまらない仕事なのだろうが、とても面白そうでやりがいのある仕事に見える。

裁判の実際もかいま見え、しかもかなり泣けるドラマである。
児童虐待やリストラなどという現代社会の病理も巧みに織り込んでいる。
こういうのはやはりさすがにNHK、と思う。
これからも良質なドラマを提供してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

胡蝶の夢

昨日も今日もムシムシ、ジメジメして、梅雨の明ける気配が全くない。
空には真っ黒な雨雲が垂れ込めていたが、かろうじて雨は降っていなかったので
野外練習に行こうかなと思っていた。
昼食後、濃いめのカフェオーレを淹れてマグカップで飲んだら、お腹が
とてもふくれて、引きずられるようにして寝床へ。そのまま昼寝。
とても質の良い睡眠をとることができた。

そんな中で、夢を見た。
夢で起こった出来事というのは、うまく言葉にできない。
だがあえて言葉にすると、家族の夢だった。
私が生まれてから小3まで住んでいた家。
父方の祖母も出てきた。
母も。
私が東京の大学に入って一人暮らしをするというので、
あれこれと身の回りの品を揃えるために、一緒に買い物をしてくれた。
早いもので、それから二十年以上が経過した。
私はいい歳のおっさんになり、母は老いてきた。
人間の精神の中では時間は止まっていて、いつまでも昔のままのように
思っているものだが、時間は流れていたのだ。
あのころ、母が何かと私に世話を焼いてくれたように、今度は私が母のために
世話を焼くときが来ているのかもしれない。
夢の中で、過ぎ去った時を惜しみ、懐かしみながら、そんなことを考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

友との再会

ボストンのB大学から一時帰国中のギタリスト・コンポーザーのN氏からメールがあり、
「関西にいるので一緒に飯でも食いませんか?」と。

ここんとこのジメジメした天気で体の切れも悪かったのだが、何となく
今日行かなきゃ、と思って梅田に出た。

N氏はとても元気そうだった。
焼肉店で焼き肉を食べ、ビールを飲み、ビビンバとクッパを食べた。
音楽の話のみならず、いろんな話をした。
私も普段は自分のプライベートなどあまり語らないのだが、
なぜか話がそういう流れになって、いろいろ話した。
とても有意義な時間で楽しかった。

N氏は、いろいろと苦労して、人間的にとても豊かになったように思った。
私もまた、友達の大切さ、出会いの大切さを実感するひとときだった。
人は変化し成熟する。しかし、この出会いの一瞬は二度と戻らない。
このひとときがどれほど貴重なことだろうか。

帰り際に、梅田の陸橋から下を眺めながら、マリア・シュナイダーの音源を
聴かせてもらった。とても美しい音楽だった。

帰ったら、相方が「なんかスッキリした顔してるね」と言った。
そういうのってわかるのだろう。
このところの天候でこもりがちになっていたが、やはり外に出て人に会い、
話をすることってとても大事なのだ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

M田先生の思い出

後になって思い返してみると、生徒(児童)だったときにいい先生だと
思っていた評価が変わることがある。当然その逆もある。

M田先生は小学校高学年の理科の先生だった。
ヘヴィースモーカーで、あまり先生然としていなくて、適度に脱力感もあり、
わりと砕けた雰囲気だった。父兄の評価も、算数のS先生よりは落ちる感じだったと
思う。

ある理科の授業中、M田先生が話をしているときに、退屈した私が、
目の前にある電池と電線を使って、何を思ったか、+極と-極とを
直接つなごうとした。その瞬間、M田先生の手がそれを払いのけた。
私は何が何だか分からなかったが、M田先生は「危ない。ショートする。」と
一言言って、そのまま何もなかったように授業を続けた。

もし他の先生だったら、私を前に立たせて、長くて執拗なお説教を
したかもしれない。それをしなかったのは、内気で繊細な私の性格を
知っていたからだったのだろうか。それとも、そういう好奇心は理科という
科目には必要なものだと思ってのことだったのだろうか。

小6か小5の夏、M田先生に暑中見舞いを書くのに、あまりいい文面が
思い浮かばなかった。私の理科の成績は、他教科に比べるとそれほど
良くなかった。母は、「理科は少し遅れているので、この夏休みに頑張って
挽回します」とでも書いたらいいんじゃないかと提案した。私は母に言われる
ままの文面を暑中はがきに書いた。

M田先生から返事が来た。そこには、「理科で『遅れている』と思ってもらうのは
間違いです。」と書かれていた。詳しい文面は今となっては思い出せないが、
要するに、自然や物理現象にいかに好奇心を持って探究するか、というのが
理科という科目なのだ、ということだった。

私は恥ずかしかった。もともと私がみずから思いついて書いた文面ではなかった
だけに。また、母もその文面を見て、へえ?というような顔をしていた。

勉強を頑張りますと書いて何が悪い?と、当時は思ったかもしれないが、
今思い返してみるととてもいい先生だったのだと思う。

もちろん教師は率先して規範意識を示さなければならないが、しかし世の中に
物差しは一つではないということをも、誰かが教えなければならない。
昔は近所のオッちゃんやお兄ちゃんがそういう役割を果たしていたが、
もうそういったこともなくなり、親も学校に全てを任せるような時代が始まっていた。

学校的価値観だけでは人生は破綻する。
人間には表があれば裏もある。光もあれば影もある。
学校は児童に優等生・よい子であることを求めるけれども、そうでない部分をも
認めてやらなければ、いつか壊れる。そういう立体的な人間観を持った先生では
なかったかと思うのだ。

そんなM田先生は今どうしていらっしゃるだろう?
小学校のときは別に好きでも何でもなかったのに、ふとそんなことを思い出したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

ギニアビサウのオランゴ島の風習

「女性からプロポーズを受けた男性は絶対に断れない」という風習のある
アフリカ西部のギニアビサウという国のオランゴ島。
その生活の様子が「世界ウルルン滞在記」で紹介されていた。

上記の風習以上に私が驚いたのは、この島では絶対にしてはならない
自慢話というのがあり、それは何かというと「自分の財産(土地の広さ)の
自慢話」だということだった。

財産を誇ることはねたみの感情を生む。それは、島の平和を乱すことになる。
そういう理由で、この島では財産の自慢話は一切してはならないのだった。

翻って、いわゆる先進国ではどうだろう?
わが国では、少し前に「稼ぐが勝ち」と豪語し、その派手な生活ぶりを
メディアを通じて庶民に見せつけた愚かな成金がいた。
もちろん今でもその追随者はいるだろう。
アメリカなんていう国は、そういうスタイルの兄貴分みたいなもんである。

それに比べ、オランゴ島の人たちの、なんという知恵だろうか。

しかし白人は、そういう知恵ある黒人を人として扱わず、奴隷にして
なぶり殺したのである。ああ、なんということ!
義(ただ)しき者が必ず勝つとは限らず、むしろその逆の方が多い。
そんなこの世の悲しさを嘆かわしく思うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与えられる言葉

昨日テレビをつけてみたら、偶然にも「オーラの泉」をやっていて、
江原啓之が「自分にとっていい人だけがソウルメイトじゃない。
自分にとっていやな人もソウルメイトなんだ」という趣旨のことを
言っていた。

さらに、今日ラジオをつけてみたら、charaとLOVE PSYCHEDELICOの
対談で、「いいことも悪いことも全部含めて宇宙なんだ」ということを
言っていた。

午前中に嫌なことがあったばかりで、鬱々とした気分だったのだが、
ああ、言葉というものはこのようにして与えられるのか、と思ったのだった。
感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

時の流れは

父と母の年齢を見て愕然とした。
父、67歳、母、64歳。
道理で、最近小さくなったと思った。
もうおじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれても
全然おかしくはない年齢なのだから。
親が子を、いつまでも子供だと思っているのと同じように、
子もまた、親は昔のように若く元気であるものと思うものなのだった。

思えばこの十年間のどんなに早かったことか。
ほんとうに、あっという間だった。
それとともに、両親も気づいたら老いていたという感じである。
このようにして時間というものはまさに矢の如く過ぎ去って
行ってしまうものなのか。

浦島太郎の物語は相対性理論の話だという説もあるが、
案外単純なもので、竜宮城のように楽しい時間はあっという間に
過ぎてしまい、気づかぬうちに周りも老いていて、また、
ふと気づいてみると自分自身も知らぬ間に老いていたという寓喩では
ないだろうか。そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

大いなるジレンマ

地球温暖化を防がなければ、と誰もが言う。
わずか40年前と比べても、日本の車の数は爆発的に増えた。
自動車は、温暖化を加速する元凶である。
石油を燃やして二酸化炭素を発生するからだ。
だから、温暖化を防ぐには、自動車を極力使わなければよい。
そしてアスファルトを引っぱがして土の道にすればよい。
わかっている人は多いのではないだろうか。
だが、誰も大っぴらには言えない。
私もそうだが、みんな自動車の便利さや運転の快楽を捨てられない
からだ。
そして、日本の重要な産業として自動車産業は絶対に捨てられない
からだ。
自動車の存在を前提としたスピード化社会になってしまったからだ。
誰もが心の奥底では分かっているはずだが、自動車の使用はやめられない。
大いなるジレンマである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »