« 「許せない」ということ | トップページ | 止まらない「安倍叩き」に思う »

2007年9月12日 (水)

安倍首相、お疲れさまでした

安倍首相が突然辞意を表明した。
安倍首相を一貫して支持してきた私にとっては、衝撃とともに、
悲しみを禁じ得ない。

それにしても、マスコミの安倍いじめは異常だった。
小沢一郎の10億円不動産問題は棚に上げて、
閣僚の小さな問題ばかりをあげつらった。

憲法改正のための国民投票法や教育基本法の改正、北朝鮮への制裁など、
地道に実績を積み重ねてきた安倍首相だったが、
何をやっても、一挙手一投足に至るまで批判された。
昨年安倍氏を総裁に選んだ自民党の中からも、心ない批判が相次いだ。

安倍首相は、格好のいじめの対象になったのだ。

大人の世界がこんなことをやっているのだ。
子供の世界からもいじめがなくなるはずがない。

なぜマスコミはそれほどまでに安倍いじめをしたのか。
私なりに考えてみると、それは安倍首相の掲げる「戦後レジームからの脱却」
潰しだったのだと思う。

「権利」ばかりを主張し、「義務」を果たすことを忘却したのが戦後レジームである。
したがって、米軍に頼らずに自分自身の力で自分の国を守らなければならない。
戦後レジームの平和ボケになってしまった大衆とそれに迎合するマスコミには、
「戦後レジームからの脱却」は、「聞き捨てならぬ」ことであったのだろう。

もちろん、安倍いじめの背後には、北朝鮮を始めとする特定国の意図と工作活動が
あったであろうことは容易に想像できる。

安倍氏は、近年まれに見る、稀代の理念型の政治家であった。
今は、お疲れさまでした、ゆっくりとお体をいたわってください、と申し上げたい。

|

« 「許せない」ということ | トップページ | 止まらない「安倍叩き」に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/16430093

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、お疲れさまでした:

« 「許せない」ということ | トップページ | 止まらない「安倍叩き」に思う »