« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

弁証法的な人生の歩き方

昨夜のNHKの番組で、僧侶の玄侑宗久さんが言っていたけれども、
ある出来事が、捉え方によって良くなったりも悪くなったりもする。
例えば、筆箱を落とした→悪いこと、でもそのお陰で落ちていた
1万円を拾った→良いこと、その時机の角で頭をぶつけて入院した
→悪いこと……という例で、小学生に説明していた。

今日、ふと道を歩きながらこれまでのことを考えていた。
私が神戸に来たのは、純粋に音楽を楽しもうと思ってやっていた
岡山のバンドの人間関係のゴタゴタに嫌気が差してのことだった。
神戸に来て本当によかったと思う。音楽的にレベルを高めることができた。
多くの良き友に出会うことができた。しかし、逆に考えれば、
岡山のあのいやな人間関係があったからこそ神戸に出てくる
気持ちになれたのであって、岡山でのことを恨むのではなくむしろ
感謝しなければならないのではないだろうか、と。
そういう意味ではあの人もあの人も、ある意味私を外の世界に
押し出してくれた仏の化身と言えるかもしれないのだ。

そう考えれば、過去の無量無数の出来事が連なって、今の私がある。
すべてが、今に繋がっている。過去は、今現在の土台であるとも言える。

また、こうも考えられるかもしれない。
岡山で純粋に音楽を楽しもうと思ってバンドをやっていた。=正
そのバンドの人間関係がゴタゴタとしてきた。=反
神戸に跳躍した。=合

ヘーゲルの弁証法的に考えれば、正に対して、反という事態が出来し、
それを止揚して新たなる次元に跳躍した。

だとすれば、今後も、同じようなことが起こりうると思っていた方がよい
だろう。たとえば、今やっているバンド活動の中でいやなことがあるかも
しれない。しかし、それをきっかけにより高い次元に跳躍できるなら、
それは良しとすべきなのだ。
たとえ、今の状態を否定するような事態が起ころうとも、
それをきっかけにしてより高い次元に止揚すればよいのだ。

人生が流動的なものである限り、また、様々な縁によって成り立っている限り、
そのように覚悟を決めていた方がよい。それが、いかなる事態にも動ずること
なく人生の海の中を泳いでいく秘訣と言えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

フォトウェディング

派手な結婚式を挙げる金もないが、写真ぐらいは残しておきたいので、
フォトウェディングにした。今日は洋装の撮影日だった。

嫁さんのヘアメイクと顔メイクを傍でジーッと観察。
へぇ~、メイクってこういうふうにしてするんだ。
手際の良い職人仕事を見るのはとても心地よい。
飽きることがなかった。

その後、衣裳を着て撮影。
撮影はとても楽しかった。
嫁さんは少し恥ずかしがっていたようだが、私は緊張もせず、
色んなポーズ、視線でスタッフさんの指示に従って
撮ってもらった。

時折見せる笑顔が自然な感じでとてもいいと褒めてもらった。
ピンの撮影の場合、たいてい新郎は緊張で固くなったりするのだが
全然そんなことなくて、とても慣れた感じでいらっしゃる、と言われた。
やはりステージに立って演奏することで、人に見られることに慣れているのだろうか。

それにしても、とても貴重な経験だった。
きちんとした衣裳を着ることで、気持ちも全然違ってくるとわかった。
音楽のステージでも、わりと普段着の感じでやることが多いのだが、
ちゃんとしたステージ衣裳を着ると、気持ちも変わってくるのだろう。

また、こうやって人と接することは、自分の中のエネルギーを
自然な形で発散させることにもなる。
やはり外に出て、人と関わることは大切だ。
部屋に籠もって一人でデスクワークばかりしていると、
エネルギーが溜まってしまって不自然な形で爆発することになってしまう。
そうならないように、色んな人と会って、話をしたり笑いあったりしなければ
ならない。

人は、自分がいるべきところにいて、なすべき事をなしている時に
一番輝いているものなのだ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

パニック発作と管楽器

私が音楽専門学校で本格的に管楽器をやってみようと思ったのは、
約5年前にパニック発作に見舞われたことが大きな契機だった。
いろいろなことで知らず知らずのうちにストレスがたまっていたのだろう。
人は必ず死ぬということも強く意識した。
ならば自分の好きなことを、思い切り、人生に悔いの残らないように
やってみようと思ったのだった。幸い、周囲の状況もそれを許してくれた。

正直、音楽ができれば楽器は何でも良かった。
しかし、一番好きだったドラムは、セロトニンの減少した脳にはダメージが
強すぎたし、一番好きなことで挫折したら、という恐れもあった。

結局、管楽器を選んだが、それはとても正解だったと思っている。
腹式呼吸、息をゆっくりと長く吐くということを、この楽器は必然的に
要求する。この呼吸法を身につけたということは、私の健康にとっては
とても良いことだった。

管楽器というのはリハビリには最適なのだろうか。
思えばデビッドサンボーンも小児麻痺の後遺症のリハビリのために
サックスを始めたという。

近頃では「音楽療法」なる言葉も頻繁に耳にするようになった。
そういう仰々しいことを言わずとも、音楽とともに過ごし、楽器を演奏する
ということは、私にとってこの上ない療法となっている。

そういう意味から言えば、末永く音楽とともに、楽器とともに過ごすというのが
私と音楽との一番よい付き合い方なのだろうと思う。欲は出さない方がよい。

転地してからは、幸い発作には見舞われていない。
音楽に一生懸命になったお陰、また管楽器をやるようになったおかげであると
思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

二次会に集ってくれた人達

私の友達関係は、「浅く広く」ではなく、「深く狭く」というものなので、
二次会にはどうしてもこの人だけは外せないという人も決まっていた。

一人は、中学からの学友で、大学も同じだったF氏。
家がお寺ということもあり、浄土真宗の関係の仕事をしている。
すでに浄土真宗本願寺派の要職にあり、京都と実家との往復生活ということだが、
忙しいところを時間を作って参加してくれた。

中学校の時から勉強もスポーツもでき、クラスメイトなどからは
「お寺を継ぐのなんてもったいない」と言われているのをよく耳にしたが、
権力とか金ではなく、宇宙とか存在とか人間をテーマにした仏教を
探求できることは実に恵まれたことなのだと、この歳になってわかる。

まったく嫌みのない性格で、人望も厚かった。
私が悩んでいた時に、「水も人も、長い間同じところにいるとよどんでしまう」
という言葉をもって、私が神戸の音楽学校に行くのを後押ししてくれた人。
そういう意味ではまさに恩人である。

もう一人は、福山からわざわざ来てくれたS氏。
私が田舎にいた時のバンド仲間で、私はキーボードとサックスを担当していた。
T1サーキットでのライダーたちの集いに出演したり、沖縄で彼の大学のサークルの
OB会に出演したり、このバンドに関して思い出は尽きない。

彼の結婚式披露宴で演奏もした。
その時に、幸せとか愛というものは分かち合うものなのだと実感させてくれた人。
自分が結婚する時には絶対に来てもらおうと思っていた。
当分先だろうと思っていたが、こんなに早くその時が来るなんて……。
すでに二児の父だが、これからも末永く付き合っていきたい人。

ありがたい友達である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにもならない私の性分

どういうわけか、小さい頃から自分の「師」というか、人生において
尊敬できる存在を求めてきた。尊敬できる人には徹底的について行くが、
そうでない人に対しては冷淡で、しかもそれが顔に出てしまうので
世の中を渡りにくい。

と言っても、私が尊敬できる人というのは、誠実に生きている人、
ハッタリのない人、口先だけでなく実行の伴っている人、他人にも自分にも
嘘をつかない人、など、単純明快なのだ。そして自分もまたそういう
人間を目指している。

口先だけの人は、最初は人当たりがよいが、メッキはすぐに剥がれる。
やっぱり人間としての品格というのは、言葉の端々に、行為の一つ一つに、
どうしても表れてしまうものなのだ。

そういう人はたとえどんなにお金を持っていようが、どんなに仕事を回してくれようが、
やっぱり嫌だと思う。人間としてのプライドが許さないのだと思う。
だから、「武士は喰わねど高楊枝」というのだ。

ちなみに今現在師事しているサックスの先生を尊敬しているのは、
やはり人間としての誠意にあふれているからだと言えるだろう。

もちろん尊敬できない人でも、悪いところばかりではないから、学べるところは
学んだらよいとも思う。けれども、誠意のない人というのは、根本的に自分とは
”種類の違う”人なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

TAKE FIVEという曲

先日の二次会で旧友からテイク・ファイブのリクエストがあったが、
不覚にも応じることができなかった。というのが、もともとリクエスト
を予想していなかった上に、この曲をやる機会というのが
ほとんどなかったからである。

デイブ・ブルーベックカルテットでお馴染みのこの曲は、
ダークな雰囲気でとても有名だが、実はジャズのメインストリーム
とは外れたところにあるようだ。菊地成孔氏は「ユダヤ系」の曲と
言っている。

知名度はとてもあるようで、ライブなどをやるとこの曲をリクエスト
する人が意外といる。私が大学に入って初めて買ったLPレコードも、
デイブ・ブルーベックカルテットの、この曲が入ったLPだった。
(この曲以外の印象は全く残っていない。)

しかし、音楽専門学校でこの曲をやったことは一度もないし、
セッションでやったこともない。変拍子だし、キーが変(フラット6つ)で、
アドリブソロの聞かせどころもあまりないし、
とにかく業界人には受けない曲のようだ。

しかし、雰囲気さえ出せればお客さんも喜んでくれるという点では
とてもオイシイ曲には違いないので、できるようになっておくに越したことは
ない、と思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

悟った人は、軽やかだ

結婚式の二次会に来てもらった人で、中学以来の学友がいた。
5年ほどは会っていなかったし、今は要職にある人なので、
うまく話ができるかと少し心配だったが、まったくの杞憂だった。
彼と話をしていると、こちらまで心が軽やかになるようだった。

彼は真宗の僧侶である。
彼の持って生まれた性格というのもあるのだろうが、
やはり悟った人は、軽やかなのだと思った。
私のように、眉間にシワ寄せて考え込んでいる人、
すぐ怒る人、他人の欠点に目が行ってしまう人は、
いまだ迷妄の中にいるのだろう。

もっとも、お坊さんというのはある意味カウンセラーのようなもので、
いろんなお家に行っていろんな話を聞いたり、話をしたりしなければ
ならないから、いちいち「こだわり」のある性格ではやってられない、
ということもあるのだろう。しかし、それを差し引いても、彼は恬然と
している。また、彼の中から「怒り」のエネルギーを感じたことがない。

悟った人は軽やかだ。「あるがまま」を認めている。
自分を取り繕ったりしない。自然である。

学校の先生というのは子供の性格に大きな影響を与える存在だが、
彼らは時として人を裁かねばならない。血気や怒気を感じることもある。
そして権威的であり、人の短所を矯正することにエネルギーを注ぐ。
学校という場所柄、そうしなければ秩序が保てないことがあるからだ。

しかし、人間、裁かれ、怒られ、矯正され、というだけではやっていけない。
それだけだと萎縮してしまったり、ひねくれてしまったり、自分では何も
決められなくなってしまったりしてしまう。

だから、小さい頃から、学校の先生ではない、そういう宗教的な人格を持った
人となるべくたくさん接することは大切だと思う。

軽やかで恬然、飄々とした彼を見て、そう思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式二次会で愛を考えた

今年の4月にはバンド仲間の二次会に呼ばれて
自分はいつのことやら、と思っていたのが、
人生というのは先がわからないもので、
今日は私の結婚式二次会だった。

ごくごく親しい人ばかりを集めて20人ほどの規模で
行われたが、とてもいい雰囲気だったと思う。
来てくれた人たち、幹事を務めてくれた友達、
お店の人たちに感謝したい。

自分は恋愛が下手で、自分が好きになる人にはことごとく
冷たくされ、世の中を恨んだこともあった。
今のパートナーと知り合ってからも、自分は世界の片隅で
ひっそりと生きていくのだとシニカルに思っていた。
しかし、これほどまでに愛されていたのだと、今日知った。
二次会に参加してくれた人たちからは、無条件の愛と祝福を受けた。

思うに、自分が愛されていないと感じる人は、愛に気づいていない
だけなのだ、と。

我が身に余るほどの愛を受けると人は、どうしてもそれをもっと多くの人と
分かち合いたくなる。けっして独占しようとは思わない。それが、愛の
特徴だと思う。

これに対して、恋は、他人が入ってくるのを許さない。
二人だけで繭を作って、その中に籠もろうとする。

恋と愛とは、似て非なるものなのだ。

思いがけず自分がこれほどまでに愛されていることを知った。
これからはそれを多くの人に分けていきたいと思う。
それが愛された者の義務でもあるから。
そして、愛は分け与えれば減るのではなく、分け与えれば
与えるほど増え広がっていくものであるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

「おやじバンド」という生き方

木曜日のNHKクローズアップ現代は、「おやじバンドという生き方」だった。
一度はプロを夢見て都会に出て、または事実プロとして活躍していた人たちが
今、郷里に帰って自分たち独自の音楽活動をしているというルポだった。

そういうのもありかもしれない。
音楽業界でビジネスとして音楽で成功を収めるのはごくごく一握りであろう。
また、現状を見ればわかるように、必ずしもすぐれた音楽がビジネス的に
成功しているわけでもなく、たんに広告代理店主導、ビジネス主導で
流行が作り出されているということもある。

また、音楽業界自体がつねに若者をバックアップして前面に出すという
体質でもある。

そういうなかで、自分の表現欲求を満たし、なおかつ仕事として安定収入を
得るというのはそれほど簡単でないかもしれない。

田舎に帰って地域の人や子ども達と音楽を心底楽しんでいる
「おやじバンド」の人たちの姿を見て、ある意味希望を感じた。

都会でセンスを磨いて来た人たちが郷里に帰ってそれを広めれば、
地域の文化への貢献にもなるだろう。

私もまた、ビジネスとしてではなく一生涯音楽と共に過ごしていきたい。
そういう関わり方をしていきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

両家顔合わせ

交際3年、同居して1年半の同居人と9月に入籍した。
いろんなことで先延ばしになっていた両家の顔合わせを本日、
やっと済ますことができた。

両家の親同士が会ってどういう印象か、またどういう会話がなされるのか、
というのが一番の気がかりだったのだが、案ずるより産むが易しというのか、
とりあえず滞りなく会食の場は進み、一つの大きな行事が終わった感じがして、
とてもホッとしている。

結婚というのは、本人が好いたとか惚れたとかいうことではなく、
本当は社会的な出来事である、ということを実感する。
私たちはこれから一つの家族を営むことに相成りました、ということを
社会に対して宣言するというのが結婚ということなのだ。
そして、その手始めというか、最も身近な「社会」に対して宣言するのが
今日の顔合わせであったのだった。

したがって、ようやく結婚生活の第一歩を踏み出したと言ってよいだろう。

それにしても、本人同士が最初に知り合って、お互いの両親に面通しをして、
最後に両家の親同士が面通しをするまでとても長かった。ここに至るまで、
スケジュールの調整を含めて大変な精神的ストレスを幾度も経なければならなかった。

そのことを思えば、最初に親同士が知り合って、それからすべてをお膳立てしてもらった
上で本人同士が出会うという、「お見合い」というシステムが、どれほど
気楽なものであるかということを実感した。恋愛とか交際とかいうことにあまり
多くのエネルギーを割くことができなかった時代の日本人の知恵であろう。
逆に言うと、自由恋愛というのはとても多大なエネルギーを消費するものなのだ。
この知恵は、現代においてももっと評価されていいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »