« どうにもならない私の性分 | トップページ | パニック発作と管楽器 »

2007年11月24日 (土)

二次会に集ってくれた人達

私の友達関係は、「浅く広く」ではなく、「深く狭く」というものなので、
二次会にはどうしてもこの人だけは外せないという人も決まっていた。

一人は、中学からの学友で、大学も同じだったF氏。
家がお寺ということもあり、浄土真宗の関係の仕事をしている。
すでに浄土真宗本願寺派の要職にあり、京都と実家との往復生活ということだが、
忙しいところを時間を作って参加してくれた。

中学校の時から勉強もスポーツもでき、クラスメイトなどからは
「お寺を継ぐのなんてもったいない」と言われているのをよく耳にしたが、
権力とか金ではなく、宇宙とか存在とか人間をテーマにした仏教を
探求できることは実に恵まれたことなのだと、この歳になってわかる。

まったく嫌みのない性格で、人望も厚かった。
私が悩んでいた時に、「水も人も、長い間同じところにいるとよどんでしまう」
という言葉をもって、私が神戸の音楽学校に行くのを後押ししてくれた人。
そういう意味ではまさに恩人である。

もう一人は、福山からわざわざ来てくれたS氏。
私が田舎にいた時のバンド仲間で、私はキーボードとサックスを担当していた。
T1サーキットでのライダーたちの集いに出演したり、沖縄で彼の大学のサークルの
OB会に出演したり、このバンドに関して思い出は尽きない。

彼の結婚式披露宴で演奏もした。
その時に、幸せとか愛というものは分かち合うものなのだと実感させてくれた人。
自分が結婚する時には絶対に来てもらおうと思っていた。
当分先だろうと思っていたが、こんなに早くその時が来るなんて……。
すでに二児の父だが、これからも末永く付き合っていきたい人。

ありがたい友達である。

|

« どうにもならない私の性分 | トップページ | パニック発作と管楽器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/17172466

この記事へのトラックバック一覧です: 二次会に集ってくれた人達:

« どうにもならない私の性分 | トップページ | パニック発作と管楽器 »