« 歌の持つ力 | トップページ | 座右の銘 »

2008年1月 6日 (日)

情と理

今はあまり更新されていないのが残念なのだが、
西洋占星術家のマドモアゼル・愛さんのホームページが面白い。
氏によれば、人間は最後に情をとるか、知(わたしは「理」と言い換えたい)をとるかの
二つに分かれるという。
さて自分自身はどうなのだろう。

自己分析すると、幼いころは圧倒的に情の人間だったのだが、歳を取るにつれて
理の面が多くなっているような気がする。今では圧倒的に「理」の人間であるような
気がする。

情を優先させると生きていくときにたくさん傷ついたりする。
そういうことが多かったために、自分を理で固めて自己防衛してきたのだろうか?

いずれにしても、情と理とどちらをとるかというようなシビアな二者択一の場面に
出会わないのが一番良いと思う。

|

« 歌の持つ力 | トップページ | 座右の銘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/17592833

この記事へのトラックバック一覧です: 情と理:

« 歌の持つ力 | トップページ | 座右の銘 »