« 新マウスピース、実戦デビュー。 | トップページ | NHKドラマ『トップセールス』 »

2008年4月30日 (水)

マウスピースとリードのマッチング

ポンゾールのM2-110を使い始めて幾日か経った。
今日は絶好の練習日和。
河川敷で爽やかな風を浴びながら練習した。

マウスピースを替えるとやはりそれに合うリードも変わってくることが多い。
今までオットーリンク7☆とバンドーレンZZ2半がベストマッチだったわけだけど、
ポンゾールにZZはちょっとキツイかなと感じた。
というのは、ピッチがやや取りづらいかなと思ったからだ。
それと、低音のサブトーンが当たりにくい。
音色はパリッとした感じで芯があっていいのだが、これまでよりも
すこし口のプレッシャーをかける必要があるように思った。

思い切って、JAVAの3番をつけてみた。
ZZよりも腰がなくて、ペラい感じ。
なんとなく吹きごたえがないのだが、こっちの方がフラジオも良く当たるし、
低音から高音までピッチも取りやすい。低音のサブトーンも出やすいようだ。
番手はZZ2半よりきついはずなのだが、腰が弱いだけ吹きやすいようだ。
ただし、これを吹く時は口のプレッシャーをゆるゆるにしなければ
いい音にならない。ZZとは真逆だ。

音色的には、ZZは芯があってパリッとした感じで、フュージョンぽい。
JAVAはそれよりもガサガサしていて、ジャズっぽい。
オットーリンクで吹いていた時の感じと似ている。

さて、次の本番をどのマッチングで吹くべきか。
ジャズサックスは楽していい音を出す、という鉄則からすれば、
楽なJAVAで吹くのが良いのだろうけど。

ちなみに、オットーリンクを吹いたら全然鳴らなかった。
やはりオットーリンクは息を取られる”難しい”マウスピースのようだ。
ここは気持ちを切り替えて、脱・オットーリンクを目指すとしよう。

|

« 新マウスピース、実戦デビュー。 | トップページ | NHKドラマ『トップセールス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41046738

この記事へのトラックバック一覧です: マウスピースとリードのマッチング:

« 新マウスピース、実戦デビュー。 | トップページ | NHKドラマ『トップセールス』 »