« 春になって思ひ出す事など | トップページ | 安藤忠雄が東大新入生に苦言 »

2008年4月 8日 (火)

それはあまりに横暴だ!

【時事通信社配信】

 経済産業省の北畑隆生事務次官は7日の記者会見で、省エネに優れた電球型蛍光灯の普及拡大を目指すため、白熱電球の生産を2012年までに原則中止するよう電気器具メーカーに要請する方針を明らかにした。同次官は電球型蛍光灯について「白熱電球に比べ価格は高いが、電力消費量は5分の1、寿命は6倍だ」とし、温室効果ガスの排出削減にもつながると強調した。

バカも休み休み言え!と言いたくなる。
経済産業省の役人はやっぱりバカ揃いだな。
ヴィンテージ電気製品を使えなくするPSE法という悪法で非難を浴びたばかりだというのに、今度はこれか。

白熱灯の光は暖かみがあり、食べ物を美味しく見せたり、雰囲気を醸し出したり、
無段階調光が可能であったり、様々な利点がある。また、スタジオなどの音楽の現場
での照明は蛍光灯は使えない。なぜなら、蛍光灯は強いノイズを発生するからだ。
だからこそ、白熱灯の需要があるのだ。

私は試しに「白熱灯型蛍光灯」というものを使ってみたが、全く使いづらい。
「白熱灯型蛍光灯」はスイッチを入れてから光が安定するまで時間がかかり、
すぐにある程度の光量を必要とする家庭のトイレでは全く役に立たない。

白熱灯は、やっぱり必要なのだ。
それを一律に生産中止とは、暴力以外の何物でもない。

国の役人は、たとえばアナログテレビを廃止して全部「地デジ」にするとか、
くだらないことを考えすぎだ。これ以上国民の文化生活に介入するな、
と声を大にして叫びたい。くだんの経産省役人はもっと勉強汁!

|

« 春になって思ひ出す事など | トップページ | 安藤忠雄が東大新入生に苦言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/40809499

この記事へのトラックバック一覧です: それはあまりに横暴だ!:

» 白熱電球製造中止反対 [re-fusion]
 経済産業省は電球型蛍光灯の普及拡大を推進し、白熱電球を廃止させる方針らしい。2 [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 11:07

« 春になって思ひ出す事など | トップページ | 安藤忠雄が東大新入生に苦言 »