« NHK番組の「民放化」を憂う | トップページ | 飯島真理 »

2008年5月19日 (月)

やっぱりビートルズは永遠だ

最近、docomo携帯のCMでThe Beatlesの"All You Need is Love"が
流れている。久しぶりに聴いて、やっぱりとてもいい曲だと思った。
ビートルズが聴きたくなって、you tubeのビデオを何本か見た。
私がビートルズを本格的に聴いたのは中学校の頃だが、その頃の
ワクワクドキドキするような感じがよみがえってきた。

音楽専門学校にいた時は、音楽と言えばイコールジャズ、みたいな感じで、
周りでもパーカーがどうのとかコルトレーンがどうのとか、ケニーギャレットが
どうのとか、ブレッカーがどうのとか、そういう話をする人は多かったけれども、
ビートルズを語る人はほとんどいなかった。あの3年間はビートルズのことなど
ほとんど忘れて過ごしていた。

けれども今改めて思うのは、やっぱりビートルズはすごいということだ。
難しいことをやるとかテクニックがあるというのがすなわちいい音楽という
ことになるわけではない。誰にでも簡単にできそうな音楽だけれども、
ビートルズの音楽には心を揺さぶってやまないものがある。

今は訳あってジャズのサックスをやっているが、私の音楽の原体験は
ポップスであり、ロックなのだった。私の中でやっぱりビートルズは
永遠なのだ、ということを確認させてくれた、docomoのCMだった。

|

« NHK番組の「民放化」を憂う | トップページ | 飯島真理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41261317

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりビートルズは永遠だ:

« NHK番組の「民放化」を憂う | トップページ | 飯島真理 »