« サックス改造の誘惑 | トップページ | 久保田利伸「LA-LA-LA LOVE SONG」 »

2008年6月15日 (日)

「たかじんのそこまで言って委員会」6/15

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうり系)は、
とても見応えのあるものだった。前半に橋下知事が出演、
しかし何と言ってもメインは拉致被害者家族の横田ご夫妻の出演
だった。

我々が肝に銘じておかねばならないのは、あの国は普通の常識の
通用しない国だということだ。さまざまな手練手管を使って、怪情報を
流したり(過日の毎日新聞の誤報)、とにかく色んなことをやってくる。
朝日新聞(「ちょうにち」とも読むわな)の反安倍キャンペーンで、安倍首相を
追い込み、退陣させたこともそうだろうし、反北の再先鋒である西村眞悟氏
が取るに足りないような「事件」によって傷を負った。

我々善良な市民には想像もつかない国(もしくは組織)であるということだ。
見くびってはならない。

そして、国会議員の中にも、日朝国交を正常化しようというような輩もいる。
福田首相は「私の手で拉致問題を解決する」と言ったが、高村外相とともに、
あっちの手のひらの上で踊らされているだけのように見える。

番組を見ていて、凡百の評論家よりもやはり拉致被害の当事者である夫妻は
一番よく、かの国の本質を知っていると思った。

そして、私たち一人一人は、この状況に対して一体何が出来るのだろう?
何をすればよいのだろう?「義を見てせざるは勇無きなり」と古人は言ったが。

|

« サックス改造の誘惑 | トップページ | 久保田利伸「LA-LA-LA LOVE SONG」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41541597

この記事へのトラックバック一覧です: 「たかじんのそこまで言って委員会」6/15:

« サックス改造の誘惑 | トップページ | 久保田利伸「LA-LA-LA LOVE SONG」 »