« 昼寝の悦楽 | トップページ | 新しい辞書 »

2008年7月24日 (木)

出来事と意味

『アンビリーバボー』というテレビ番組を見た。
なかなか面白いネタをやっていた。

前半は、百年ほど前のアメリカで、雨を降らせる技術を開発した男の話。
化学的手法を使って雨を降らせることに成功したが、詐欺師呼ばわりされた上、
降らせ始めた雨が3ヶ月降り続け、ダムが決壊し、水害になり、
裁判になった。男は自分の技術によって雨を降らせた、だから私はこの結果に
対して申し訳なく思う、と述べたのに対し、陪審員は、雨は天の恵みであり、
人工的に降らせることはできない。だから男は無罪だ、というとても皮肉なもの
だった。彼は、政府からの依頼があれば手の内を明かすつもりだったらしいが、
結局その機会もないまま歴史に埋もれてしまったという。どのような薬品を
使ったのか、記録がないために、現在使われているヨウ化銀による降雨法と
同じかどうか、わからないという。

思ったのは、アメリカはわずか百年さかのぼると旱魃に悩む国であり、
だからこそ潤沢な他国の資源に対して侵略的なのだなあ、ということ。
また、新技術を開発したら、それを私物化せずに公共化することが、
自分のためにもなるということ。

後半のネタは、ある日本人の家族の話。
ある夫婦と子ども三人の話。
主人は、奥さんの親の会社を引き継いで社長になり、ずっと京都で勤務して
いて、東京の家にもろくに帰れなかった。ヨーロッパに海外赴任していたために
帰国子女だった子どもは、日本語がうまくしゃべれず、学校でいじめられ、
暴走族に入ったり、家出したりして、家族はばらばらになった。

ある日奥さんがトライアスロンの広告を見つけ、主人と一緒に挑戦することを
提案するが、自転車に乗っている時に大事故に遭い、生死の境をさまよう。
主人は京都の会社と東京の家とを往復し、妻の看病に付きそう。そういう
苦労を見ていた子ども達も少しずつ変わっていく……という話。

感想。
起こった出来事を見て、平面的に幸だ不幸だと決めつけてはならないのだ。
出来事は立体的に見なければならない。そうすれば必ずそこに「意味」が
見えてくるはずだ。

また、自分がクリアしなければならない課題を意図的に避けていると、
一時的にはうまく逃げられたと思えても、後でいずれクリアしなければ
ならない時が来る。最初の時に逃げないこと、全力でぶつかることが、
与えられた人生に対する真摯な姿勢なのだ、と思う。

|

« 昼寝の悦楽 | トップページ | 新しい辞書 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41960820

この記事へのトラックバック一覧です: 出来事と意味:

« 昼寝の悦楽 | トップページ | 新しい辞書 »