« 『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎新書) | トップページ | マドモアゼル愛さんのブログ »

2008年7月18日 (金)

スタンダードを侮るなかれ

セッションに行って思うのは、スタンダードを侮るなかれ、ということだ。
たとえば、超スタンダードと言ってもよい「A列車」。
3,4小節目をホールトーンでやるとアウトな感じがするので、
私も今までそれ一本槍でやってきた。
しかし、もっと大きい流れとしてみると、半音進行が作れて、
そのラインがとても心地よいことに(今更)気付いた。
先入観にとらわれないで柔軟な頭で見直してみれば、
いろんな角度からフレーズが作れる。
2-5-1のお決まりフレーズでも事情は同じだ。
いろんな捉え方の余地があるということだ。

|

« 『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎新書) | トップページ | マドモアゼル愛さんのブログ »