« 「忍ぶ恋」という美学 | トップページ | ドラマ評NHK『瞳』 »

2008年7月 1日 (火)

全然面白くないNHK大河『篤姫』

NHK大河ドラマ『篤姫』が視聴率20%を超え、好調だそうだ。
率直、「信じられない」。
私も3~4回見てみたが、実に退屈で、全然面白くなく、
これなら見るだけ時間の無駄だ、と思った。
ドラマというのは「つかみ」が大切で、見続けられるドラマは初回放送で
その世界にぐぐっと引き入れられるが、3回見てダメなものはそれ以上
見てもダメだろう。

それに比べると、テレ東や日テレ系の歴史検証番組の方がよほどスリリングで面白い。
なにせ、篤姫は幕末のあの激動の時代に水戸派のスパイとして島津藩から
送り込まれ、将軍家定や大老井伊直弼の暗殺に関与したという説を
あますところなく検証しているのだから。

少なくとも篤姫はそういう人物だったという説があるということだ。
童顔の宮崎あおいにはそういう大役を演じることは無理だろう。
人としての迫力とか、鬼気迫るものが全然ない。
日テレでは高橋かおりが篤姫を演じていたが、そのキャスティングの方が
まだマシだと思った。

宮崎が篤姫役を演じるということは、彼女がまだ「純情きらり」で主役をやっていた
ころか、その直後ぐらいに決まったはずだ。NHKが彼女の人気にあやかって
視聴率を上げようと安直な道を選んだのだろう。

次の大河も長澤まさみが主役をやるそうだ。
大根役者の彼女にいったいどんな演技が出来るのだろう。
実績を無視して役者人気に頼るのはやめてほしい。民放のドラマならともかく、
NHK大河ならなおさらだ。

私は今まで公共放送としてのNHKを信頼し、受信料をまじめに払ってきたが、
ここまで視聴者を馬鹿にするのなら、もう受信料の年間一括払いもやめようかと
思っている。

公共放送の役割は視聴率ではない。
市場原理主義では淘汰されるような真面目な番組を愚直に作り続けることだと思っている。

追記:NHKの『篤姫』が面白くないのは、権謀術数に満ちたスリルとサスペンスあふれる
幕末という時代を、安易なホームドラマに矮小化している点にあると思う。
だいたい、脚本家自身が、ホームドラマのようなものを目指す、と宣言しているのだから。

書いているうちに肝心なことを書くのを忘れてしまっていた。

|

« 「忍ぶ恋」という美学 | トップページ | ドラマ評NHK『瞳』 »

コメント

はじめまして。
「篤姫 おもしろくない」の検索ワードでお邪魔しております。

幕末が好きなので見ていますが、私も面白くないと思っています。
ここ3週間くらい見ていません。
時代劇で家族愛や夫婦愛を描くことは否定しませんが、
「篤姫」の場合、現代的な愛の形を、
無理やり幕末に持ってきたような印象を受けます。
役者さんの稚拙な演技も、好きになれないひとつの理由です。
特に主演の宮崎さん、松坂慶子さんがな。。。

私は女性ですが、大奥が政治的な権力のひとつであっても、
歴史や政治は男性の分野だと思っています。
女性が時代劇の主人公というのは無理がある、
というのが個人的な考えです。
来年に期待しています。
長々とすみません。

投稿: 幸水梨子 | 2008年7月 7日 (月) 13:35

>幸水梨子さま
はじめまして。
世評に反した過激な(?)内容を最後まで
お読み下さいましてありがとうございます。
同じような感想をお持ちの方はやはりいらっしゃるんだな、と思いました。

おっしゃる通り、この脚本では現代劇と変わらんがな、という感じですね。それと役者の下手さは大きな理由でしょうね。もっといい役者さんはほかにいるのに…。

NHKには考え直してもらって、受信料の払い甲斐のある
ちゃんとした番組を作ってもらいたいと思っています(笑)。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2008年7月 8日 (火) 14:59

私が篤姫を見ている理由、それは「次にどんなありえないことをやらかすか見届けてやる!そしていつかはNHKに抗議してやる!」です・・・
私の友人は「突っ込みどころを探して楽しむもの」だとはっきり言ってます。
こんな私たちアンチも高視聴率に貢献してるわけですよ。

時代の空気が感じられない、整合性がない(菊本の「女の道は一本道」はどこへ行った?篤姫の言動が全く一貫してないんですけど)

なんというか、均等法世代女子の理想像なのかな、篤姫って(均等法世代の方、ごめんなさい)。思い立ったらすぐ行動、言いたいことは目上の人にもはっきり言う、何をやってもみんなから感心されちゃうアタシ・・・仕事が行き詰ったころには(慶喜擁立に迷うなど)「女の幸せ」(家定様との「真実の愛」)。

歴史ものは「現代と過去の違い」を見せてくれなきゃ話になりません。今とは違う価値観、常識、そしてその中で精一杯生きていく人たち。それが感動を呼ぶのです。
ホームドラマをやりたいなら現代ものでやればいいんです。

投稿: | 2008年7月18日 (金) 00:49

家族ともども篤姫は俳優が下手くそすぎて面白くないという点では一致していました。最初の数回と最終回しか見ませんでした。なんであんなホームドラマチックな歴史ものが視聴率をとるのかまったく理解できません。見た人が本当の歴史上の事実だと誤解するでしょうからやりきれませんね、まったく。

投稿: ツシマ | 2008年12月14日 (日) 21:16

コメント長いこと放置してすみません…。
今年を象徴する漢字は「変」でしたが、
これほど安っぽいドラマが受けたのも
私にとっては十分「変」なことでした。(笑)

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2008年12月28日 (日) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41707291

この記事へのトラックバック一覧です: 全然面白くないNHK大河『篤姫』:

« 「忍ぶ恋」という美学 | トップページ | ドラマ評NHK『瞳』 »