« ドラマ評『白と黒』 | トップページ | スタンダードを侮るなかれ »

2008年7月10日 (木)

『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎新書)

最近テレビを見ていると、「エコ替え」と言って、エコな新製品に買い換えよう
という宣伝をやっている。まだ使える物を捨てて新しい商品を買うという行為の
どこがエコなのだろう? 自分の頭でものを考える人なら、そう思うはずだ。
そして、最近にわかに喧伝されるようになった「エコ」運動の胡散臭さに
気付くことだろう。

武田邦彦氏の著した『偽善エコロジー』は、環境問題のずぶの素人にも
わかるように書かれている。もはや新興宗教と化した「エコ教」からの
洗脳を解くためには良い本だと思う。

例えば、
■レジ袋は原油のうち昔は捨てていた成分を利用できるようにしたものなので、
レジ袋廃止運動は意味がない。
■間伐材を使って日本の森林を守るために、国産の割り箸を使うべきだ。
■紙のリサイクルは意味がない。
■ごみは、可燃物と金属の二種類の分別でよい。
■ペットボトルのリサイクルは意味がない。
等々。

レジ袋の廃止に私は胡散臭いものを感じていたが、著者がその根拠を証明してくれた。
最近の「エコ運動」は科学的な根拠がなかったり、それをすることで誰かが得をする
ということを、素人にも分かりやすいデータで紹介してくれている。

もっとも、この本の内容の全部が全部、納得できるというようなものでもない。
もう少しくわしく聞いてみたいと思うものもある。

しかし、このような本が広く読まれることで、自分の頭で何も考えずに「エコ」という流行に
乗る人が減り、何が本当に環境によいことなのかを考え、自然の恵みに感謝しながら
生きるという人が増えてくれればよいと思う。

|

« ドラマ評『白と黒』 | トップページ | スタンダードを侮るなかれ »

コメント

はじめまして。
私も、新聞で武田氏がレジ袋追放に異を唱えているのを知り、ブログ記事を書いてみました。

また、ネットで調べて見ると、レジ袋は決して捨てられる部分から作られているのではないことも知りました。
こういうセンセーショナルなタイトルにすると売れるという出版社側の事情もあるようですが、武田氏のかなり中途半端な知識によって書かれた本であるように思います。
読んでいないので、全ての判断はできませんが、少なくともレジ袋と割り箸の件は、現状と違っていると思いますよ。

もちろん、なんでもエコって名前をつけて、実はただの宣伝って言う企業のやり方も問題はあると思いますが・・・。

投稿: 金木犀 | 2008年7月10日 (木) 23:09

>金木犀さん
初めまして。
ブログ読ませていただきました。

私の記事の中にも書いてありますが、武田教授の説が
すべて正しいと信じているわけではありません。
ただ、テレビで喧伝される「エコ替え」や、最近急に
メディアが「エコ!」と騒ぎ出したところ、この本と
出会って感想を書いた次第です。

レジ袋に関しては、同じ石油から作られる
エコバッグに切り替えるように勧めるのは
やはり筋が違うと思います。
むしろ、日本に昔からある「風呂敷」を
使うようにするべきだと思います。

また、氏の本を「まだ読んでいない」ということですが、
インターネットには単なる誹謗中傷を目的としたものも
含まれています。ネットなどの二次的な情報ではなく、
まずは一次情報に接してから判断されることをお勧めします。
氏がどういう気持ちからこの本を書いたのかがわかるはずです。
そして環境に対する思いは金木犀さんともそう変わらない
はずです。

いずれにせよ、是は是、非は非として、できることから
始めていきたいものですね。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2008年7月11日 (金) 00:24

http://bonyparts.jugem.jp/?eid=66
ハーハハハハ
コメント欄見ろ
お前のような一次資料と二次資料の区別のつかないレベルの奴は「納豆食えばやせると信じるようなバカ」だってさ

投稿: | 2008年7月11日 (金) 11:51

私のブログにコメントありがとうございました。(^o^)丿

上記のななしさんは、私のブログにも同様のサイトを紹介しているので、同一人物だと思いますが、ちょっとこの書き方は、大変失礼ですよね。
この人のかわりに、あやまります。申し訳ないです。ごめんない。

私は武田氏を誹謗中傷するつもりはないし、ただ本当のことが知りたかっただけなんですよ。

私が同氏の主張を知ったのは、新聞記事だったので、多くの人の目に触れると思ったのです。
せっかくマイバッグを持ちはじめた、それを読んだ方たちが、
「レジ袋削減は、石油消費削減にはならない=やる意味がない、ばかばかしい、今までどおりでいい」
というふうに思ってやめてしまうかも知れない、だから、
「ちょっとまって!」といいたいがために、あの記事を書きました。
でも、ちょっと調べたら、武田氏の「レジ袋は石油の捨てるところから作られる」というのは、違っていたことがわかりました。
それで、氏の説によって、誤解してしまった人たちにお伝えしたかったのです。

夫(おじさん)のナイロンのバッグは、軽くてたたむと小さくなりしわにもならず、汚れも目立たず、気に入ってるのでもう10年も愛用しています。
破けたら、縫い直してます(笑)

私は、ポリエステルの軽くてたくさん入るバッグ、これは肩に食い込まない幅広のひもで、重いものでもすごく楽にもてます。レジ袋の比ではありません。
化学製品でも、長く使えば元も取れます。
古い傘の生地で、試作してみたこともあります。
素人なので、いまいちのできでしたが、傘のリサイクルとして、プロの縫製の方たちがその気になれば、いいものができるんじゃないかと思います。

現在、いろいろなバッグが出回っており、それが新たな商売だ、と武田氏は批判してるのでしょうが、今は移行期で、大きく変化するためには、最初は手間もコストもかかるんじゃないかなと思うのです。

おっしゃるように、コンパクトに持ち歩ける風呂敷もとてもいいと思うんですが、いかんせん、現代人には、使いづらい。スーパーで買ったものを、レジのあと広げて包むという行為は、ちょっとハードルがありますよね。
銀座松屋さんでも、風呂敷を提案してましたが、銀座ではいいけど、地方のスーパーでは、浮いちゃいます(笑)

でも風呂敷は、マイバッグに慣れ親しんだ人が、次のステップとして使うのには、すごくいいと思います。
風呂敷は今のところ、スーパーサブですね(笑)

長々とスミマセン。

投稿: 金木犀 | 2008年7月11日 (金) 12:53

>金木犀さん
コメントありがとうございます。
まず、上記の匿名の書き込みについてですが、以前にも
同じ書き込みがあり、削除しました。
しかし、ネットの世界にはこういうゴロツキもいるという
教訓も含めて敢えてこのたびは残しておこうと思います。

こういう人は現実世界では誰にも相手にされないので
こういうところで発散しているんでしょうね。
ある面、可哀想な人ですよ。
金木犀さんが謝るようなことではありませんよ。

金木犀さんの目的が誹謗中傷でないことは
もちろんよくわかっております。「誹謗中傷」とは
上の名無しのような書き込みです。

次に、金木犀さんのブログへの3番目のコメントですが、
私の考えと内容はとても似ていますが、
私が書いたものではありません。
やはり人のブログには名を明かして書き込むのが
最低限の礼儀と思っていますから。

情報があふれる中で何が本当なのかを見極めるのは
大変なことですね。

さ、私は現実世界に戻るとします。
ではでは。

投稿: 暴れん坊テナーマン | 2008年7月11日 (金) 13:39

人違いでしたかっ!coldsweats02
すっ!、すみません!

投稿: 金木犀 | 2008年7月11日 (金) 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41794978

この記事へのトラックバック一覧です: 『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎新書):

« ドラマ評『白と黒』 | トップページ | スタンダードを侮るなかれ »