« 全然面白くないNHK大河『篤姫』 | トップページ | ドラマ評『白と黒』 »

2008年7月 8日 (火)

ドラマ評NHK『瞳』

里親・里子という制度が公的に存在するということを知らなかった。
それを啓蒙しているというだけでもこのドラマの存在価値はあるだろう。
月島の長屋の人間関係、里親・里子の周りで起こる人間関係を
描いていて、なかなか面白い。演技面で言うと、子役の森迫永依の
演技は素晴らしく、目を見張るものがある。

惜しむらくは、ヒップホップの学校とダンスシーンがこのドラマに
どういう役割を果たしているのか、よくわからない。
いっそ、ダンス関連の設定をなくしてしまえばスッキリするのに、と思う。

|

« 全然面白くないNHK大河『篤姫』 | トップページ | ドラマ評『白と黒』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/41772775

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ評NHK『瞳』:

« 全然面白くないNHK大河『篤姫』 | トップページ | ドラマ評『白と黒』 »