« 生命の猛々しさ | トップページ | センチメンタル・ブルース(アリス) »

2008年8月21日 (木)

I was born.

吉野弘の『I was born』という詩を国語の教科書で習ったのは、
高校一年の時だったろうか。

思春期の少年が夏の夜、白い服を着た妊婦を見て、
産まれるということが「I was born.」という受動態である意味を
了解した、というような内容だったと記憶している。

産まれたばかりの子どもを見ていると、そのことを思い出した。

その目は、一体ここはどこ? というように不思議そうに周りを
見ている。

その泣き声は、苦しみの多いこの世に産まれ「させられた」ことへの
悲しみのようにも聞こえる。

手足を動かすのを見ると、自由自在で何不自由なかった世界から
不自由なこっちの世界に来たのがもどかしいようにも見える。

彼は、一体何処から来たのだろう?

新しい命がこの世に誕生するのはおめでたいことであるが、
しかしそれは広い意味での親のエゴとも言える。

仏教では「生老病死」と言って、生まれることもまたひとつの
苦しみだととらえている。

しかしながら、この世界に生まれた以上は、その人生を
思い切り楽しんでほしいと願わずにはいられない。

親には、子どもの人生に最後まで責任を持つという
絶対的な義務が、あるはずなのだと思う。

|

« 生命の猛々しさ | トップページ | センチメンタル・ブルース(アリス) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/42232850

この記事へのトラックバック一覧です: I was born.:

« 生命の猛々しさ | トップページ | センチメンタル・ブルース(アリス) »