« 面白きこともなき世を面白く | トップページ | 期待外れに終わった『だんだん』 »

2008年12月31日 (水)

2008年 「クリスマスの約束」

今年も「クリスマスの約束」を見た。
正直、最初の方は、この企画もそろそろマンネリかな、と思って
冷めた目で見ていた。
しかし、番組が終わった頃には不覚にも
泣いていた。

涙腺が徐々に緩んできたのは、「東京の空」
辺りからだったろうか。新しい曲「さよならは言わない」では
もう完全に泣いていた。

テレビを通してさえ泣いてしまうのだから、
生で聴いていたらどれだけ感動していたことだろう。
これこそがまさにプロの中のプロではないだろうか。

小田さんは齢を重ねるごとにその声は太さを増していて、
説得力を増しているように思う。
そして、その歌詞においても精神性を増し、「東京の空」や
「さよならは言わない」では、すでにある精神性の高みにまで
到達したようにすら思われる。
成熟しつつもまるで青年のようにはつらつとしている。

小田さんはすでに「小田和正」という独自のジャンルを確立した
ようにすら思われるのだ。

今年は事情でコンサートに行けなかったが、これからも元気で
私たちの元にその素晴らしい歌声を届けてくれることを
願ってやまないのだ。

|

« 面白きこともなき世を面白く | トップページ | 期待外れに終わった『だんだん』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/43584316

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 「クリスマスの約束」:

« 面白きこともなき世を面白く | トップページ | 期待外れに終わった『だんだん』 »